梅雨明けの体調不良や鼻炎の原因は?落雷との関係は?


梅雨明けの体調不良や鼻炎の原因は?落雷との関係は?

長かった梅雨も明けようやく思いっきり洗濯ものを外に干すことができますね。

 

雨が続くと外出するのにもおっくうになったりとあまりいいことがありませんが、

梅雨が明けると体調不良になったり鼻炎のような症状が出ることがあります。

 

また、梅雨明けぐらいの時期になると落雷することが多くなったりもします。

 

梅雨明けのような気候の変わり目になると様々な変化が出てくるので、

なぜこのような現象が出てしまうのかということを解説していきます。

スポンサードリンク



梅雨明けの体調不良の原因は?

梅雨が明けると晴れ間が出てきて、

気温がぐんぐんと上がってきます。

 

雨の日と晴れの日では気温の差があるので、

熱中症になりやすくなります。

 

梅雨明けになる体調不良は熱中症であることがあり、

体調管理をしっかりとしなければなりません。

 

室温が高くなりがちになり、

夜に寝苦しくなり睡眠不足で体力が回復しづらくなります。

 

熱中症を予防するには体調管理と同時に、

水分補給をして脱水症状にならないようにしましょう。

 

梅雨明けの体調不良には、

熱中症以外にも花粉症のような症状が出ることもあります。

 

これについては次の項目で解説していきます。

 

梅雨明けに鼻炎の症状が出るのはなぜ?

梅雨明けや季節の変わり目になると鼻詰まりなど

鼻炎の症状が出てくることがあります。

 

この原因として考えられるのが梅雨の時期に発生したカビです。

 

梅雨の時期は気温が高く湿気もあるので、

カビが発生しやすい環境にあります。

 

家のつくりも密閉性が高いことや、

雨だと窓を開けないので余計にカビが発生してしまいます。

 

カビ以外にもダニやハウスダストも原因の一つとして考えられます。

 

またペットを飼っていて暑い時期になると

分泌物を出してそれに反応して鼻炎みたいな症状が出ることもあります。

 

これらのことを防ぐためには

室内を換気して清潔に保ち、

ペットを飼っているならばペットも清潔にしておくと予防できます。

 

梅雨明けに落雷が多いのはなぜ?

梅雨の間は停滞した梅雨前線によって落雷はあまり見ることはありません。

 

梅雨明け頃になると激しい雨とともに雷が鳴ることがありますが、

これは日本の西側でいわれていることです。

 

東側ではあまりこのような現象になることはなく

西側では雷が鳴ったら梅雨が明けるといわれています。

 

東側では雷が鳴ることは少ないのですが、

梅雨明けが近くなると激しい雨になることが多いので、

ゲリラ豪雨に注意して万が一のために折り畳み傘を持っていると安心です。

 

まとめ

梅雨明けが近くなるといつもより余計に体調管理に気を使う必要があります。

 

気管支が弱かったりすると鼻水や咳が出やすくなる時期なので、

このあたりにも気を付けましょう。

 

口呼吸だと喉を傷めやすくなるので、

鼻呼吸をすることを勧めている病院もありますので、

意識して鼻呼吸をするようにしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す