ダウン症のエコーの特徴は?頭や目や鼻や手足は?


妊娠すると自分の赤ちゃんの健康のことが気になりますよね。

 

エコー検査をしても自分ではなかなかわかりづらく、

ダウン症ではないかと心配する方もいらっしゃいます。

 

 

そこでダウン症のエコー検査の特徴の見方を解説していきます。

スポンサードリンク



エコー検査をしてダウン症の場合、

・頭が体に対して大きい

・手足が短い

・目がつりあがっている

・あごが小さい

・扁平な鼻

あとは、羊水少ないといった特徴が出てきます。

 

 

NT検査を受け、首の浮腫の大きさを見ることも大事です。

この検査の注意点ですが、

12週~13週の間でないと意味がありません。

13週以降ですと、

ダウン症であろうと無かろうと首の浮腫が小さくなってきますので、

NT検査でも調べようがなくなります。

 

 

ただ、エコーではなかなか診断が難しいところがあります。

エコーではダウン症の目や鼻などといった特徴が見えていたとしても

ダウン症ではなかったり、

エコーの角度によっては手が一本しか見えなかったりするので、

エコーだけで判断するのは早いと思われます。

 

 

ダウン症の検査として「羊水検査」がありますが、

この検査は流産する可能性がありますので、

新型出生前検査を受けるとダウン症かどうか調べるのにいいと思います。

 

医者がエコー検査でダウン症ではないと診断しても

いざ出産してみるとダウン症だったという方もいるぐらい

エコーでは判断するのは難しいようです。

 

なので自分がエコーを見て何か違和感があったとしても

自己判断するのではなく

医者に聞いたりだとか新型出生前検査を受けるとかしてみると

結果がわかると思います。

 

初めてエコーを見ると自分の赤ちゃんが宇宙人みたいな顔のように見えることがあり、

驚いてしまう方がいますが、それは特に気にするようなことではなく

そういうものなので余計な不安を抱えないほうが胎児にも影響を与えなくてすむので

ちゃんと動いているのかどうかだけ確認するぐらいの気持ちで見るといいですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す