五月病の症状のめまいがしたら?対策の食べ物は?子供は?


五月病の症状のめまいがしたら?対策の食べ物は?子供は?

「あ~あ、だるいなぁ~」

 

五月病って大変ですよねー!?

 

このような状態だと何をやるにしても
やる気が出なくてしんどくなりますね。

今回は五月病について掘り下げて解説していき、
どんな症状が出るのか?
対策はどのような食べ物があるのか?
子供がなった場合にはどのようなことをしたらいいのか?

を知っていただけたらと思います。

スポンサードリンク



五月病の症状のめまいがしたら?

五月病の症状としてめまいが出てしまったら、

このような場合は疲れやストレスがたまっていることがあるので、

ゆったりとして体を休ませることが大事です。

 

体を動かすことができるほど体力が回復したら、

体操やストレッチまたはスポーツなどをして

ストレスを発散させると五月病の症状もおさまっていきます。

 

学校や仕事が変わったりして

環境が変わるとストレスを感じてしまい、

五月病になりやすくなります。

 

その様なことを予防するためにも、

普段から野菜やフルーツをきちんととり、

バランスの良い食事をすることを心掛けるようにしてくださいね。

 

五月病かもと感じたらストレス発散や気分転換などして、

気持ちを落ち着かせることが必要です。

 

たとえば、
・十分な睡眠
・半身浴
・好きな音楽を聞いたり、アロマを使う。
・悩み事を相談する。
・買い物を遠出をしてみる

など実践してめまいといった症状が出ないようにしてみて下さい。

五月病対策の食べ物は?

人の体は水が不足している状態が続くと、

肉体的や精神的にも疲れが出てくるようです。

 

なのでこまめな水分補給をすると

五月病対策にもなります。

 

水分のほかにも鉄分が不足すると

疲れやすくなりますし貧血になることもありますので、

サプリを飲んだり鉄分を含む食べ物を食べるといいですよ。

 

ヒジキやワカメが入ったみそ汁なんかはいいですね。

 

みそ汁に合わせて自律神経を回復させる玄米をを食べるとより効果的です。

 

体が酸性の状態になると

五月病になりやすくなりますので、

アルカリ性の食べ物として野菜を多めに取るといいですよ。

 

先ほどの項目でストレス発散をすることをお勧めしましたが、

食べることで発散することはやめた方がいいです。

 

甘いものを食べたりすると

幸せな気分になりますが、

体が酸性の状態になりやすくなったり、

肥満の原因になります。

 

このようなことがありますので、

食べ物には注意して五月病対策をしていってください。

 

5月病に子どもがなったら?

子供は元気があり動き回って大胆な部分がありますが、

ちょっとしたことで傷付く繊細な部分もあります。

 

このような一面もありますので、

5月病になってしまっても頭ごなしに責めるような言葉を使うのはやめましょう。

 

まずは子供と話合い意見を否定せずに受け止め、

穏やかに接するようにしましょう。

 

甘やかすのもだめですが、

子供が心地よい環境づくりが大事です。

 

まとめ

五月病になっていなかったら

予防のためにも食べ物に気を使ったり、

その日の疲れやストレスを取るような趣味などをして

予防対策をしていってください。

 

五月病になったら

まずは休んで体力が回復したら

軽く汗ばむぐらいの運動を取り入れると

ストレス発散にもなりますし、

体の調子もよくなりますよ。

 

環境が変わるとどうしても

体に出てきますので

上手く付き合っていきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す