マラセチアの皮膚炎の人への治療法!


マラセチアでの皮膚炎で人への治療法!

 

マラセチアとはどのような物か?

 

マラセチアは、人の体に普段から付着しているカビで、

皮脂を栄養にして繁殖するので、

毛穴の奥深くに入ると厄介なことになります。

 

毛穴に入ったマラセチアは

遊離脂肪酸を出してこれは人体にとって刺激物となるので、

皮膚が炎症を起こします。

スポンサードリンク



マラセチアはなぜ遊離脂肪酸を出すのかというと、

栄養として皮膚をとりそれを分解すると遊離脂肪酸になります。

 

これによってもたらされた炎症は、

マラセチア毛包炎とよばれ、

見た目はニキビとよく似ています。

 

専門家が見ても目視での診断は難しく

カビを顕微鏡で見てマラセチアと診断されます。

 

見た目はニキビと似ているのですが、

マラセチアは痒みが出てきます。

 

蒸れやすいところに出来て、

背中や頭に出来ることが多いです。

 

マラセチアかもしれないと思ったら、

皮膚科に行ってみてもらいましょう。

 

ただのニキビだと思ってそのままにしておくと、

治るのに時間がかかります。

 

なので皮膚科には早めに行くのがいいです。

 

梅雨に入るころから夏が汗をかき

マラセチアが増えやすくなります。

 

マラセチアによってできた炎症は、

自然治癒がなかなかしにくいので、

自己判断で「ニキビであろう」と思うのは危ないです。

 

マラセチアは首、胸、背中、脇に白・褐色の斑ができ、

頭が慢性的なかゆみなど「脂漏性皮膚炎」を引き起こすことがあります。

 

万が一マラセチアで炎症が出たら

ステロイドを使って炎症を抑えるという治療をします。

 

この治療は炎症は抑えられますが、

マラセチアを完璧に殺菌するわけではありません。

 

ただこの治療を行うことで、

マラセチアが成長することは抑えることができるので、

炎症を起こすことは防ぐことができます。

 

炎症を抑えるためにステロイドを使いながら

体を清潔にすることが大事です。

 

とにかくマラセチアを防ぐには、

体を清潔にしておくことが大事になります。

 

マラセチアはペットにも炎症を起こすことがあるので、

ペットも清潔にするようにしておきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す