地震対策の準備の持ち物は?水と食料以外は何を準備する?


地震対策の準備の持ち物は?水と食料以外は何を準備する?

 

日本は場所的にも地震が起きやすく、

大地震がきた時にはひどい状況になってしまうことがあります。

 

地震が起きて状況が変わってしまうと、

普通に使っていたものがなくなり、

不便な環境になります。

 

このような状況では命が危険な状態になることもあり、

もしもの時のために地震対策として必要な物を準備しておくといいです。

スポンサードリンク



地震対策用の準備するものとして、

水と食料が挙げられますがそれは一番重要といえるものではありません。

 

水と食料を準備することは必要ですが、

それよりも地震対策としてやらなければならないことがあります。

 

どういうことかというと、

万が一地震が起きても生き残ることができる状況を準備しておくことです。

 

水、食料や電池といったものを準備しておいても、

地震で死んだら意味がないのです。

 

ということで地震対策をやるにあたって

地震になっても生き残る環境を準備することをまずしましょう。

 

生き残る環境とはどういったものか?

 

これは家の耐震性を強くすることです。

 

壁などが崩れ落ちて押しつぶされないように

耐震性を強くしておきましょう。

 

法律が変わる前に建てられた家は

耐震性が弱かったりしますので、

一度自分の家を調べてみるのがいいです。

 

家の補強が終わったら、

家具や家電が倒れてこないように

固定しましょう。

 

固定しておかないと地震が寝ているときにおこると、

これらが倒れてきてケガだけでは済まなくなります。

 

地震で家が大きく揺れると

窓が割れるということもあります。

 

窓が割れガラスが散らばると

逃げるときにけがをする恐れがありますので、

窓に飛散防止シートをはりきちんと対策をしておくといいです。

 

これらは地震後の死亡確率を下げるのに効果的なので、

今からでもやっておくのがいいです。

 

大きな地震が来ても生き残ったならば、

ボランティアや支援が地震がなかったところから来てくれるので、

命の心配はしなくても大丈夫になります。

 

地震後に生き残った場合に準備しておくもの。

 

ここではやはり水と食料が必要になります。

 

特に何をするにしても水が必要になりますので、

これは忘れずに準備しておきましょう。

 

あと水と食料以外にも、

懐中電灯や今の状況を把握するためにラジオ、

そして簡易トイレも準備しておきましょう。

 

地震後は使えるトイレが少なく水も流せません。

 

水が流せないので溢れてくることもあり、

衛生もよくありません。

 

衛生が良くないと免疫力は低い老人や子供は

病気になりやすくなりますので、

トイレの準備はしておいた方がいいです。

 

このほかにもティッシュやサランラップも準備しておくと楽になります。

 

水が使えなく、サランラップを皿に巻いて使うと

汚れないので便利です。

 

今回紹介したものを準備しておくと、

もしも地震が来た時には大分違ってきますので、

最低限でもこれだけは準備しておきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す