肺炎は赤ちゃんにうつるのか?入院の基準とは?


肺炎は赤ちゃんにうつるのか?入院の基準とは?

 

日本人の死亡原因4位としてあげられる肺炎は

身近な病気でありとても怖い病気です。

 

肺炎にかかってしまう人数も多く、

4位ということもあり死亡してしまう確率も高い病気です。

スポンサードリンク



この肺炎には4つの種類があり、

その中でも細菌性肺炎はこの中でかかりやすい肺炎だと言われています。

 

細菌性肺炎になりやすい傾向の人がいて、

それはよくアルコールを飲む人や高齢者がかかりやすい病気です。

 

他の3つの肺炎には、

マイコプラズマ肺炎という若い人に多く見かけられるものや、

クラミジア肺炎といった鳥などと接触した場合にかかってしまうものがあります。

 

最後にウイルス性肺炎は、

インフルエンザなどによってもたらされます。

 

こうしてみると誰でも感染する可能性がある病気といえます。

 

誰でも感染するとなると

赤ちゃんへの感染が心配になります。

 

肺炎は赤ちゃんにうつる可能性があり、

赤ちゃんや老人といった免疫力が低い人に

うつってしまうことがあります。

 

赤ちゃんや老人のような免疫力が低い人にうつさないためにも

肺炎にかかってしまった場合には

近づかないようにしましょう。

 

もし赤ちゃんにうつってしまったら、

免疫力が弱いので症状が重くなりやすくなります。

 

肺炎が重症化すると命も危なくなるので、

赤ちゃんのために注意しましょう。

 

肺炎は命を脅かす病気で重症であったら、

入院しなければなりません。

 

症状が軽かったら、

薬を飲んで家で1週間ぐらい休んでいれば治癒していきますが、

症状が重い場合には

2、3週間ぐらいの基準で入院の必要があります。

 

長期間仕事を休むと周りの人に影響を与えてしまいますが、

命の危険にかかわることなので、

無理せずにきちんと休むようにしましょう。

 

肺炎は若い人には掛かりづらい病気なのですが、

SKE48の松井珠理奈さんが肺炎で入院したこともあり、

若くても入院が必要なほど危ない病気なので、

気をつけるようにしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す