亜鉛欠乏症で舌と爪に出る症状は?プロマック治療薬の成分とは?


亜鉛欠乏症で舌と爪に出る症状は?プロマック治療薬の成分とは?

 

亜鉛欠乏症はどのような症状があるのか?

亜鉛欠病症になってしまうと味覚や嗅覚に障害が出たり、

舌に痛みが出ることがあります。

 

そのほかにも甲状腺や免疫の機能が低下し、

貧血になることもあります。

スポンサードリンク



このような体の変化が出てくるので、

口内炎ができたり風邪をひきやすくなってしまいます。

 

体にこういった症状が出る場合には、

急いで病院に行くようにしましょう。

 

亜鉛欠乏症は見て診断することができます。

 

たとえば、舌が乾燥気味で赤くなったり、

爪は白い斑点のようなものができ、

爪が割れやすくなったり伸びるのが遅くなったりします。

 

こういった体の変化があるからといって

亜鉛欠乏症だと判断せずに

きちんと知識を持った医師に診断してもらうのが良いです。

 

病院で亜鉛欠乏症と診断されると、

プロマックという薬を出されることがあります。

 

プロマックは胃潰瘍の薬として使用するもので、

胃の粘膜を保護するための薬です。

 

このような作用があるので、

他の強い薬で胃が弱ってしまうのを防ぐためにも使用されます。

 

プロマックは副作用もほとんどなく他の薬と併用して飲める

強くない薬です。

 

亜鉛欠乏症による味覚嗅覚障害を治療するために

亜鉛分が含まれるプロマックが使われます。

 

プロマックの主な成分。

胃粘膜を強くしたり、傷ついた粘膜を修復する

ポラプレジンクという成分が含まれています。

 

亜鉛欠乏症と食物繊維には大きく関係しており、

お通じを良くしようと食物繊維を多くとってしまう人がいますが、

食物繊維は亜鉛と結びついてしまいます。

 

よって食物繊維はとりすぎないようにして

亜鉛欠乏症にならないようにしましょう。

 

亜鉛を多く含む食べ物として

レバーが挙げられます。

 

亜鉛欠乏症を防ぐためにレバーを食べるのがいいですよ。

 

いったん亜鉛欠乏症になると

治療には長期間かかります。

 

なのでレバーをとりつつ食物繊維の大量摂取は控えましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す