サルコペニア肥満の特徴!対策と予防法は?歩幅の関係性は?


サルコペニア肥満の特徴!対策と予防法は?歩幅の関係性は?

 

肥満にもさまざまな種類がありますが、

その中でもサルコペニア肥満は注意しなければなりません。

 

このサルコペニア肥満というものは、

年齢を重ねていくごとに筋肉が減っていきますが、

筋肉が減ってくるとそれだけエネルギー消費量が少なくなってくるので、

脂肪を燃焼しにくくなります。

 

そのために燃焼できなかった脂肪がついてしまい

肥満になりやすくなるということです。

スポンサードリンク



サルコペニア肥満は

筋肉が減少していくるところが問題になります。

 

こういった問題がありますので、

サルコペニア肥満の対策又は予防法は、

筋肉をつけるということが重要です。

 

筋肉をつけるには、

たんぱく質を補ったり運動するなどしていくことが大事です。

 

運動するときには大きな筋肉を動かすような運動を取り入れると、

筋肉が大きくなりますのでこの辺を意識するといいです。

 

通常に比べると肥満は糖尿病や高血圧になりやすく、

健康にも悪い影響が出やすくなります。

 

筋肉を増やしてこのような影響を出さないようすること。

 

そして筋肉が増えると基礎代謝が上がりますので、

ダイエット効果が高まります。

 

よってサルコペニア肥満の予防に運動は最適です。

 

サルコペニア肥満の診断法に

歩幅を見て診断することがあります。

 

一般的に歩幅を図る計算式に

「身長 - 100cm = 歩幅の目安」

というものがあります。

 

サルコペニア肥満の場合では、

筋力が衰えていますので、

極端にこの値が低くなります。

 

サルコペニア肥満の疑いがある場合には、

この計算式を使って歩幅を図ってみて下さい。

 

なかなか自分で測るのは難しいかと思いますので、

他の人に測ってもらいのがいいと思います。

 

足の筋肉を増やすのに散歩という手段もいいのですが、

大きな筋肉を増やすのならスクワットの方が効果的です。

 

一日にスクワット10回を3セットというのを続けていくと、

足腰も強くなりますし肥満防止にもいいです。

 

運動を一、二週間したところですぐには筋肉は増えることはなかなかありません。

 

毎日運動を続けることで少しずつ筋肉が増えていきますので、

根気良く続けていき脂肪を少しずつ減らしていきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す