低緊張の赤ちゃんの症状と障害は?どんな治療法?


低緊張の赤ちゃんの症状と障害は?どんな治療法?

低緊張の赤ちゃんの症状には、

運動系の発育が遅かったりするので、

首が据わるのも遅れたりします。

 

首が据わっても抱っこをすると反ってしまったり、

歩いてるときによく転ぶといったことがあります。

 

筋肉の柔軟性があり、姿勢を保つことが難しいぐらい

グニャグニャとしていることがあります。

スポンサードリンク



大体の赤ちゃんは、

3~4カ月で首が据わるのですが、

低緊張の赤ちゃんは、

5か月ほどかかることがあります。

 

7~8カ月でお座りすることが多いのですが、

11か月~12カ月かかってしまうこともあります。

 

低緊張の赤ちゃんの治療法は?

手術といった治療というようなものはせず、

リハビリをすることが多いです。

 

一般的な赤ちゃんよりも運動発育が遅いので、

時間をかけてリハビリをしていきます。

 

時間をかけてリハビリを続けることにより、

一般的な子供と同じぐらいの運動ができるようになりますので、

粘り強くリハビリを続けていきましょう。

 

低緊張でなくても

個人差があることなので、

分かりづらいのですが、

成長があからさまに遅く感じたら

病院での診断を早めにした方がいいです。

 

1年とか2年やっても

運動能力がほかの子供よりも低いこともあります。

 

そういうこともありますが、

リハビリを続けていくことにより、

小学校に入るまでにほかの子供と遊びまわれるぐらいの

運動能力になる子もいます。

 

運動能力だけでなく、

言葉を話すことも遅れてしまうことがあります。

 

言葉の発育が遅れているようでしたら、

言語治療士に診てもらうことをお勧めします。

 

低緊張の赤ちゃんは、

ほかの子供よりも発達が遅れているので、

心配になってしまいます。

 

しかし、ほかの子供たちと同じような運動能力を

リハビリを続けることによって得られますので、

そこまで心配はしなくてもいいと思います。

 

初めての赤ちゃんが低緊張だったら、

分からないことだらけで心配するかと思いますが、

専門家がいたりリハビリの環境が十分にありますので、

それらを上手く使って赤ちゃんを大事に育てて下さいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す