ダウン症の顔の特徴としてなぜ皆似ているのか?赤ちゃんや新生児では?


ダウン症にはさまざまな特徴があり、

特に顔が皆似ているのがわかりやすくて大きな特徴といえます。

 

ダウン症の顔の特徴としては、

・つりあがった目

・目と目の間隔が広い

・幅が広く低い鼻

・下あごと耳が小さい

・顔の凹凸が少なく平べったい

 

 

などがあります。

スポンサードリンク



 

 

ではなぜダウン症の人は顔が似ているのか?
ダウン症は、通常2つある21番目の染色体が3つあるため、

容姿をつかさどるDNAに対し、その遺伝子が影響を与えてしまいます。

それによりそのDNAが機能しなくなり、

似ている顔になってしまうのです。

 

 

出産後自分の赤ちゃんがダウン症ではないかと

悩んでいる方がいるようですが、

そのような場合は医者や助産師に聞いてみるといいです。

 

顔に特徴が強く出ている場合には

生まれてすぐ見ただけでわかるそうです。

確実に知りたいならば染色体検査を受けてみるのもいいです。

 

あと他には乳房を吸う力が弱いという特徴もありますので、

そういった点も参考にしてみるといいですよ。

ただ、ダウン症でなくても乳房を吸う力が弱かったり、

吸うのが下手な新生児もいますので、

どうしても心配ならば検査をオススメします。

 

 

 

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す