チョコアレルギーの症状は?くしゃみは?ココアとの関係は?


チョコアレルギーの症状は?くしゃみは?ココアとの関係は?

世の中にはいろいろなアレルギーがありますが、

チョコを食べるとアレルギー反応が出るという方もいます。

 

知らない人は信じられないアレルギーのようですが、

チョコアレルギーというのは意外と多くて

苦しんでいる人も結構いたりします。

スポンサードリンク



チョコアレルギーの症状

チョコアレルギーには

さまざまな症状があり、

個人差がありますが、

・喉のかゆみ
・呼吸が苦しくなる
・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・腹痛
・鼻血

というような症状があります。

 

普段チョコを食べない人でも

バレンタインデーでもらったチョコを食べ、

アレルギー反応が出てしまうという方もいます。

 

バレンタインに恋人からチョコをもらい

どうしても食べなければいけない状況になった場合、

水等飲み物を一緒に飲む

チョコアレルギー反応が出るのをかなり抑えることができますよ。

 

チョコアレルギーでくしゃみは出る?

先ほどチョコアレルギーの症状で、

頭痛やのどのかゆみが出ると解説しましたが、

くしゃみも出ることがあります。

 

この原因として、

カカオマスやココアバターにあるといわれています。

 

チョコにもいろいろ種類がありますが、

特にビターチョコを食べると

くしゃみの回数も多く出るようです。

 

チョコアレルギーとココアの関係は?

チョコとココアの共通点として、

カカオが含まれているということが挙げられます。

 

チョコアレルギーというのはカカオアレルギーとも呼ばれているため、

カカオを含むココアを飲んだりすると

チョコアレルギーのような症状が出ることもあります。

 

またカカオにはニッケルが含まれており、

金属アレルギーのかたは、

チョコやココアを摂取すると

アレルギー反応が出ることもあります。

 

一般的にはココアは落ち着くときに飲みますが、

チョコアレルギーの方はくしゃみが出たり、

気分が悪くなったりします。

 

まとめ

チョコ好きの人には信じられないかもしれませんが、

チョコアレルギーの症状がひどい方は、

チョコを見るのも嫌になるぐらいの方もいます。

 

なかにはチョコを食べて

くしゃみなどの症状が出ているのに、

チョコアレルギーだということを気付いていない方もいます。

 

その様な場合にチョコを食べ続けると、

ますます悪くなっていきますので、

思い当たる節があるのでしたら、

早めに病院へ行き

診断してもらった方がいいですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す