ひな祭りの飾りで玄関や壁は?食事の由来は?


ひな祭りの飾りで玄関や壁は?食事の由来は?

ひな祭りが初節句だという方もいて、

飾りつけをどうしようだとか

食事についてもよくわからないことがあります。

 

この辺の知識を知って、

飾りつけなどをキチンしておくと、

お子さんも喜びますよ。

 

ここで知ったことをママ友などに

話してあげるのもいいと思いますよ。

スポンサードリンク



ひな祭りの飾りは玄関はあり?

これは全然ありです。

 

玄関のようにすぐ見える位置に置いておくと、

見せびらかしているかのように

気がひけると思ってしまうせいか

どうしようか考えてしまうことがあるようです。
しかし香川県の一部の地域では、

玄関のようによく見える場所にひな祭りの

飾り付けをするところもあります。
玄関に飾っておくと、

家に来た人が祝ってくれたりすることもあるので、

子供たちを喜ぶと思います。
せっかく飾るのですから、

室内だけでなく玄関にも飾ってあげるといいですよ。

 

ひな祭りの飾りで壁はどうする?

ひな人形を飾るだけでも十分なのですが、

壁の飾りつけも一緒にするとより雰囲気が出てきます

 

お雛様などは皇室を人形にしたものなので、

壁も皇室のような装飾にし、

その話をするといいかもしれません。
ほかには壁にピンクの布をかけて

春のような色遣いにするのもいいですよ。

 

その時に風船で作った花や、

切り絵などを壁に張ったりすると、

可愛くて華やかな壁になるので、

オススメです。

 

 

ひな祭りの食事の由来

ひな祭りに似食べる食事と言えば、

ちらしずしやひなあられなどがありますが、

なぜこのいったものを食べるのかというのは

このような由来があるようです。

 

ちらしずし
ちらしずしに入っているエビには、

エビみたいに腰が曲がっても元気でいられるようと

意味がこもっています。

 

そしてには、

まめに働くという意味があり、

仕事がうまくいきますようにとの意味があります。

 

そしてレンコンには、

レンコンの穴をのぞくと先が見通せるように、

うまく先見が行くようにとの意味があります。
雛あられひし餅
3色という色に意味があり、

赤は 魔よけ
緑は 健康
白は 清浄

というような意味があり、

雪が溶け、草が生え、花が咲く

といった意味もあります。

 

このようなことがいい伝えられていますので、

食べる前に子供に話してあげるといいですよ。

 

 

まとめ

ひな祭りの飾りつけと食事について

解説していきましたが参考になりましたか?

 

ここで知ったもらったことを

参考にしてもらうとうれしいです。

 

ぜひ楽しいひな祭りにしてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す