スギ花粉の時期はいつ?関東や名古屋や九州では?


スギ花粉の時期はいつ?関東や名古屋や九州では?

寒い季節も終わると、

暖かくなってすごしやすくなるはずなのですが、

花粉症の方にとっては、あまり来てほしくない時期がやってきます。

 

花粉症を引き起こす花粉には、

さまざまな花粉がありますが、

冬が終わり初めに飛び始めるスギ花粉の時期について

いつからいつまで飛ぶのか知っておきましょう。

 

スポンサードリンク



スギ花粉の時期の関東は?

関東では、

2月の中旬から4月の末まで

スギ花粉が飛散する時期だといわれています。

 

大体2月の中旬からスギ花粉は

飛び始めるのですが、その年が暖冬だったりすると

スギ花粉が飛ぶ時期は早まることがあります。

 

暖冬の年だと1月の中旬から花粉が飛び始めることがあり、

花粉症の人の中でも、

特に過敏な方はこの時期のようにまだ花粉の飛散量が

少ない時期でも症状が出始める方もいます。

 

暖冬だけでなく夏に猛暑だった場合でも、

スギが日に当たる時間や気温によって

影響を受けることもあります。

 

そうなると花粉が飛散する時期が早まり、

スギ花粉に影響される時期も長くなります。

 

このようにその年によって、

時期が変わってきますので、

注意しておきましょう。

 

スギ花粉の時期の名古屋は?

名古屋では、

2月上旬から4月末までと言われています。

 

平均的な期間で見ると、

関東よりも少しスギ花粉の時期は長いようです。

 

スギ花粉の時期は、

2月の上旬から4月の末までと解説しましたが、

これは花粉の飛散時期であって、

この時期を過ぎてもまだ室内に花粉が

残っている可能性があります。

 

室内に花粉が残っていて、

それを吸いこんでしまうと

花粉症の症状は出てきます。

 

それを考えると、

5月の上旬ぐらいまでは、

スギ花粉の花粉症は出ると考えた方がいいようです。

 

スギ花粉の時期の九州は?

九州では、

2月の上旬から3月の中旬までと言われています。

 

関東や名古屋に比べると

始まるのも終わるのも早いのですが、

スギ花粉が飛ぶのが終わると

次はヒノキ花粉が飛び始めます。

 

ヒノキの花粉で花粉症の症状が出る方も多いので、

スギ花粉が終わったといって油断はできません。

 

まとめ

スギ花粉の時期は大体このぐらいだということを

解説していきましたが、

地域によって違いますし、

その年の気候によっても変わってきます。

 

毎年薬などで予防している方は、

花粉の飛散時期の最新情報を調べておき、

早めに手を打っておきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す