花粉症の薬の副作用で倦怠感や吐き気や喉の痛みの対処法


花粉症の薬の副作用で倦怠感や吐き気や喉の痛みの対処法

花粉症の薬は多種多様で

花粉の時期になり

ドラッグストアに行くとずらりと並んでいます。

 

花粉症の薬によって、

症状を抑えることができるのですが、

副作用が出てくることもあります。

 

この副作用が出た時に

どのように対処していけばいいのかを

解説していきます。

スポンサードリンク



花粉症の薬の副作用に倦怠感が出た時には?

調べてみますと、

花粉症の薬でよく使われる

アレグラ、タリオン、エバスチン、

ザイザルというような薬を服用したら

倦怠感が出てしまったという方がいます。

 

もちろん個人差がありますので、

これらの薬を服用すると

倦怠感が出るということではありません。

 

さて、花粉症薬の副作用として

倦怠感が出てしまったら、

その薬の服用をやめることが大事です。

 

倦怠感が出てぼーっとするようなことがあると、

仕事などにも影響しますし、

車の運転などするとなると、

大ごとになる可能性もあります。

 

倦怠感が出るようなことがあるのならば、

医師に相談して薬の変更をするようにしましょう。

 

ただ、病院に行けないような状況の場合には、

薬を半分にして服用すると、

副作用も出にくくなりますので、

応急処置としてはいいかもしれません。

 

花粉症の薬の副作用で吐き気が出た時には?

次に吐き気が出た場合ですが、

この場合はまず部屋で横になると楽になります。

 

この時部屋を暗くすると、

光の刺激を抑えられるので、

吐き気を抑える効果が高まります。

 

吐き気が出るような副作用が出る時も、

薬があっていない可能性があります。

 

こんなときにも医師によく相談しましょう。

 

花粉症の薬には、

服用するものもありますが、

注射で症状を抑えるものもあります。

 

注射では

ノイロトロピンという注射が

花粉症の症状を抑えるのに有効のようです。

 

これも個人差がありますので、

よく医師と相談してみるといいですよ。

 

花粉症の薬の副作用で喉の痛みが出た時には?

花粉症の薬を服用すると

喉の痛みが出ることがあります。

 

これは薬の影響によって

唾液の分泌が減少してしまい、

喉が乾燥することがあります。

 

これによって喉の痛みが

出てくることもあります。

 

こういうことがありますので、

唾液を出すために

のどあめを舐めておくと喉の乾燥を潤すことができます。

 

ほかには2枚重ねた使い捨てのマスクを用意し、

その間にウェットティッシュを挟んでおくと、

加湿効果があるマスクにできます。

 

このマスクは、

PM2.5も防ぐことができるようなので、

喉の痛みが出た時や出る前に使っておくといいですよ。

 

まとめ

花粉症の薬は

目のかゆみと鼻水といった症状に効くほど、

副作用も出やすくなります。

 

これは薬によって個人差がありますので、

特に薬局で花粉症薬を購入する場合には、

よく薬剤師と相談して薬選びをしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す