花粉症の薬の強さ!ディレグラとジルテックとアレロックでは?


花粉症の薬の強さ!ディレグラとジルテックとアレロックでは?

あの止まらないくしゃみと鼻水をどうにかしたくて

花粉症になると薬に頼ってしまいますね。

 

花粉症の薬と言っても

種類が多くて違いが

良く分からないことがあります。

 

薬局に行くとさまざまな薬が出ていますが、

特に気になるディレグラジルテックアレロックについて

解説していきたいと思います。

スポンサードリンク



花粉症の薬の強さ!ディレグラ編

 

ディレグラは特に鼻づまりに効く薬のようです。

 

花粉症の症状で目のかゆみと

鼻詰まりが大体の人が苦しんでいると思いますが、

特に鼻詰まりがひどい方は

ディレグラを使用するといいですよ。

 

耳鼻科に行き、

アレルギー性鼻炎と診断された場合には、

ディレグラを出されるぐらい

鼻の症状に効くようです。

 

花粉症の薬としてディレグラの強さはあるのですが、

それゆえに依然性があるという副作用があります。

 

さらに服用し過ぎると症状の悪化というものが

出てくる可能性もあります。

 

なのでディレグラを服用するときの注意点として、

効果が出たらほかの薬に切り替えるということを

した方がいいです。

 

花粉症の薬の強さ!ジルテック編

 

このジルテックも花粉症によく効き、

強さのある薬です。

 

ただ個人差が出てくるので、

人によっては強すぎてジルテック服用後、

発疹ができる場合もあります。

 

こんな場合には、

子供用にジルテックの成分が

大人用の半分の薬もあるようなので、

お医者さんと相談して使用してください。

 

病院へ行き初めてジルテックを処方された場合には、

1週間分ぐらいしか

薬を出してくれないときがあります。

 

それは薬が体質に合うか

判断できない場合があるので、

多めに出してくれないのではないかと思います。

 

ジルテック服用後、

きちんと効果が出て発疹など

副作用が出なければ、

体質に合っていると思いますので、

その時は一カ月分ほどもらえるように

言ってみるといいですよ。

 

花粉症の薬の強さ!アレロック編

 

アレロックは前の2つの章が紹介した

ディレグラとジルテックに比べると

この2つほどの強さはありません。

 

ただアレロックは弱い薬というわけではなく、

花粉症に効く薬です。

 

花粉症の薬の一つとして、

抗ヒスタミン薬のアレグラが挙げられますが、

同じ抗ヒスタミン薬としても

アレロックの方が強さがあります。

 

この2つの薬は効果が違い、

アレロックは眠気が人によっては

出ることもあるようです。

 

そしてアレグラの方は服用すると

便秘になるという方もいるようです。

 

ちなみにアレグラは花粉症の薬ランキングで、

上位の薬のようです。

 

効果が出る薬であり、

CMで嵐の大野君がやっていたというのも

大きいのかもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は3つの薬に絞って解説していきましたが、

参考になりましたか?

 

薬によって効果が違ってきますので、

医師や薬剤師に相談して

自分に合った薬を服用してくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す