低緊張の赤ちゃんの特徴や診断される原因とは?


低緊張の赤ちゃんの特徴や診断される原因とは?

低緊張とはどのような物か?

 

姿勢をよくするときに、

背筋を伸ばして筋肉を緊張させるのですが、

この時筋肉の緊張を低緊張症の赤ちゃんは

上手くすることができません。

 

運動に対しての発達が遅れている状態で、

動き回ることや、上手く指先を使う、

姿勢を良くするといったことが上手くできません。

スポンサードリンク



低緊張の赤ちゃんの特徴はどのような物があるのか?

 

主に多いのが通常は、

脇を持ち抱っこしたら床をけるなどして

床に足が着きます。

 

しかし、低緊張の赤ちゃんは、

足を曲げてしまい足が床につきません。

 

ほかにもひどくよだれが出たり、

発音が悪かったりします。

 

首がすわるのが、5か月以上かかったりするほど遅かったり、

1歳を過ぎてからやっとズリバイできる場合もあります。

 

1歳ぐらいまでにはつかまり立ちを

することができるようになるのですが、

それがなかなかできなかったりします。

 

このような特徴が見られるようであれば、

専門医に診てもらって診断してもらうようにしましょう。

 

低緊張と診断される原因とは?

 

診断するために検査をして原因が分かる場合と、

分からない場合とがあります。

 

そのほとんどが原因がよくわからないようです。

 

低緊張だと診断される原因は、

分からないことが多いようですが、

運動についても周りの子供と

同じようにできるようになるので、

あまり悩まない方がいいのではないかと思います。

 

リハビリをしていくと

運動能力が周りの子供より

高くなるという子供もいますので、

根気強く成長を楽しみにしてほしいです。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す