RSウイルスの症状で子供は発熱や下痢や咳は出るのか?


RSウイルスの症状で子供は発熱や下痢や咳は出るのか?
秋も終り11月ごろからインフルエンザが流行してきます。
それと同時にRSウイルスにも気をつけねばなりません。

RSウイルスとは
2歳までの間にほとんどの人が感染する呼吸器感染症のことです。

このRSウイルスは感染後、
治ったとしても再び感染する可能性があるものなので、
注意しなければなりません。

スポンサードリンク



RSウイルスに子供が感染したら、
どのような症状が出るのか?

RSウイルスの症状は風邪に非常に似て、
・発熱
・咳
・鼻水
・喉が痛む

などといった症状です。

このような症状が一般的なのですが、
悪化すると呼吸困難になるほどぜんそくや咳が酷くなります。

RSウイルスは生後半年以内の赤ちゃんが感染すると
酷い症状が出る可能性が高くなります。

冬のように寒い季節にこういった症状が出る場合には、
早めに病院へ赤ちゃんを連れていくようにした方が良いです。

大人が感染すると
酷い症状が出ることが少なく
風邪と勘違いすることがあります。

しかし、実はRSウイルスに感染して子供のうつしてしまうことがあります。
子供が感染すると症状がひどく出ることがありますので、
風邪のような症状が出た場合には
念のために病院で診てもらうようにした方が良いです。

RSウイルスに感染すると
下痢になったという方もいるのですが、
RSウイルスによっての下痢というのはほとんどありません。

ではなぜ下痢になってしまうのかというと、
抗生物質が関係してきます。

抗生物質は腸にいる菌をやっつけてくれるものですが、
悪い菌だけでなく良い菌までもやっつけてしまうので、
これによって下痢になることがあるます。

抗生物質も飲んでいないのに、
下痢になった場合にはロタウイルスなどによる
胃腸炎が考えられますので、
病院へ連れて行くようにしましょう。

RSウイルスは子供が感染すると
酷い症状が出ることがありますので、
感染しない様に予防することが大事です。

予防するには手洗いうがいをこまめに行い、
子供が触るものはアルコール消毒すると良いです。

そして、咳が出るなら
赤ちゃんに近づかないようにしマスクをきちんとしましょう。

またこのほかには
部屋を定期的に換気し
加湿器を使って空気が乾燥しないようにすることもお勧めします。

子供が家族にいる場合には、
このような対策をして
RSウイルス予防をしっかりとしておきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す