脳卒中での後遺症はしびれや痛み?どんな仕事をやれる?


脳卒中での後遺症はしびれや痛み?どんな仕事をやれる?
脳卒中は高齢にならないと発症しないと思っている方も多いのですが、
実はそんなこともなく30代など若い世代でも発症することがあります。

脳卒中とは、
栄養を運んでいる脳の血管が破れたり詰まったりして
やられてしまう病気です。

それゆえに脳卒中になると
半身まひや話すことが困難になったり、
ときには意識が飛ぶようなこともあります。

脳卒中により寝たきりになると
体を動かすことをしなくなり、
筋肉が固まります。

筋肉が固まった状態が続くと
この状態を良くするためにリハビリをした場合でも
時間がかかることがあります。

スポンサードリンク



このような状態を避けるためにも
なるべく早めのリハビリや治療が大事です。

脳卒中には3種類あり、
・くも膜下出血
・脳梗塞
・脳出血
に分けられます。

脳卒中になると治療した場合でも
後遺症が残ることが多いです。

脳卒中による後遺症は、
ほとんどが手足のまひが出て、
それに伴いしびれまで出てきます。

しびれが出てくることも大変なのですが、
痛みが出ることが大変つらい症状になります。

脳卒中による後遺症の痛みは
すぐに出てきたり
時間が立って数ヵ月後に出たりすることもあります。

この痛みは精神状態や体の状態によって
痛みの強さが変わることがあり、
「ビリビリ」するような表現をすることがあります。

この痛みは本当につらいもので
精神的にまいることがあります。
そういうこともあり精神安定剤を飲む方も多くいます。

この痛みにより体を動かさない様になると
体の状態はより悪くなりますので、
なるべく体を動かすことを意識したようが良いです。

体を動かすと
体にもいいですし気も紛れるのでおすすめですよ。

脳卒中の後遺症で半身まひがある場合どんな仕事があるのか?

半身まひがある場合だと
人前に出なくてもよい仕事をしている方が多いです。

どんな仕事かというと
裏方の仕事やコールセンター等です。

ほかにどんな仕事があるのかは
ハローワークで見つけることができます。

脳卒中の後遺症はつらいものがありますので、
運動など気がまぎれるものをするようにするといいですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す