飲み会で苦手な会話を克服するコツ


飲み会で苦手な会話を克服するコツ
いつも行くようなメンバーでの飲み会の時には
楽しく会話をすることができるけど、
会社の飲み会など気を使うようなメンバーでの飲み会の時には、
思うように会話に参加することが難しく感じることがあります。

気を使うような飲み会は本当のところ参加したくないぐらい苦手であるにもかかわらず
いやいやながらもどうしても参加しなければいけないことがあるという方が多いようです。

その様な飲み会でも
苦手意識を克服できるようなコツを解説していきます。

スポンサードリンク



コツの一つ目として
前もって話題になっていることを調べておくと良いです。

会話を盛り上げるために必要なこととして
お互いの共通のポイントを作っておくことが大事です。

今話題になっているものは
ネットやテレビを通じて多くの人が知っています。

このことにより話題になっているものをいくつか
前もって調べておき共通の話のネタを持っておくと良いです。

しかしこのようなネタを持っていたとしても
こちらから話しづらい時もあります。

その時の対処法として
相手が気持ち良くなるように笑顔で相槌を打ったり同意していると
相手側から話しかけてくることがあります。

こういった場合聞き役に回っておくと
会話が続き盛り上がりやすいです。

これが普段何とも思っていない相手であっても、
その相手に興味を持つように意識すると
聞きたいことが出てくると思いますので、
自然に会話を楽しめることができます。

もし可能ならば話しかけられるのを待たずに
こちらから話しかけに行くようにした方がいいです。

話しかける相手は一人で飲んでいる人だと
相手にしてくれる可能性は高いのでお勧めです。

こういった場合話し出すきっかけは
当たり障りのない天気のことなどで話しかけると
自然な感じで会話を始めることができます。

その流れから前もって調べておいた話題になっていることなどに、
自分の考えや情報を交えたり
そこから相手のことを聞くようにすると
自然に会話を楽しめることができます。

中には話しかけることが難しく感じる人もいます。
その様な場合には手品を何種類かできるようにしておきその場で
披露するというもの手です。

手品を披露することによって
会話を始める糸口になることもあり、
そこから盛り上がる可能性もあります。

手品といってもテレビで見るような難しいものをやる必要はありません。

市販されている本の中でも気になるものでいいので、
今回解説したことを参考にしてみて下さいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す