低気圧でのめまいや頭痛や眠気の対処法


低気圧でのめまいや頭痛や眠気の対処法

雨が降ったり台風が上陸すると低気圧になり、
めまいや頭痛や眠気が出てしまうことがあります。

こういった症状は女性に多く、
このような体調不良になると家事や仕事に支障が出てしまいます。

なぜや台風や雨になるとこのような現象が起きてしまうのか?

スポンサードリンク



これは急激に気圧が変化して、膨張した血管が神経を圧迫してしまうためです。

低気圧になるとまめいを起こすことがありますが、
この多くは末梢性めまいと呼ばれています。

この末梢性めまいには、
前庭性めまいと内耳性めまいがあり、
前庭性めまいは、
だいたい難聴や耳鳴りを起こすことがありませんが、
内耳性めまいには、
このような症状を引き起こすことがあります。

低気圧になり気分が悪くなって歩くことができなくなったり、
おう吐してしまうことがある場合には、
末梢性めまいの可能性がありますので、
病院で診てもらうようにしましょう。

この症状は、
少し休むと治ることが多いため
そのままの状態にしている方がいますが、
とても危ないので病院で治療した方がよいです。

気圧が変化して起きる頭痛のことを
”低気圧頭痛”と言いますが、
この対処法として簡単にできる有効な方法は、
横になり目を閉じることです。

この時部屋を暗くしておくと
光の刺激がなくなって落ち着くことができ
頭痛の症状が治まっていきます。

この時頭を冷やすと低気圧頭痛は
痛みを引きます。

こういったことから
部屋を暗くし横になり氷枕を使うことが
効果的に頭痛を抑える簡単対処法になります。

もしこのような対処法でもダメな場合には、
薬を飲んだり病院に行った方が良いです。

低気圧になると眠気や体がだるくなったりしますが、
それは副交感神経が刺激されるためです。

副交感神経が刺激されることにより、
上手く老廃物が排泄できず、
体内に老廃物がたまりやすくなります。

体に老廃物がたまると眠気や体がだるくなります。

老廃物を体外に出すためにも
運動をするようにしましょう。

老廃物がたまると
むくみが出やすくなります。

女性は特にむくみが出やすいので、
汗をかくぐらいの運動を定期的にすると良いです。

普段の体調管理がおろそかになると、
低気圧になった時にめまい・頭痛・眠気の症状が出やすくなります。

こうならないためにも
普段から体のケアをしたり
生活習慣を整えておくと良いです。

激しい運動をしなくても
ストレッチや体操をしっかりとすると
軽く汗をかくことができますので、
自分の体のためにぜひしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す