インフルエンザでも仕事を休めない?診断書未提出では有給にならない?


インフルエンザでも仕事を休めない?診断書未提出では有給にならない?
インフルエンザに感染しても
仕事に影響が出てしまうという理由でなかなか休むことに躊躇してしまう人がいます。

ただこのインフルエンザはの菌は感染力が高くて
5日間は人に接触することは控えなければいけません。

スポンサードリンク



職場の周りに人も
インフルエンザにかかりたくないはずなので、
仕事は休むべきです。

インフルエンザ関係の口コミサイトを調べても
「感染しているなら職場には来ないでほしい」
「うつりたくない。出社してきたら逆に迷惑。」
「仕事に関しては職場の人たちでカバーするから大丈夫。」
というような声がたくさん上がっています。

これを見てもわかるように
インフルエンザに感染したら無理して仕事はせずに
できるだけ早く治すように十分に休暇を取りましょう。

インフルエンザは、
会社から休むように義務付けられているところがあり
診断書の提出を求められることがあります。

大きな会社がこのような傾向があり、
診断書未提出だとインフルエンザとして
認めてもらえないことがあるようです。

ただその様な会社は少なく
インフルエンザで休むとなった場合、
有給休暇に自動的になるようなところが多いです。

インフルエンザにかかると
仕事にも影響しますし、
何より自分がしんどくなります。

そうならないためにも
簡単なインフルエンザ予防法を解説していきますので、
是非参考にしてみてください。

まず大事なのは
体力の低下を防ぐことです。

そのためには十分に睡眠をとり
しっかりと栄養を取ることが大事です。

インフルエンザは空気感染することもあるので、
外に出る際はマスクを着用し、空気が汚れがちな人ゴミを避け
帰宅したらうがい・手洗いをしっかりとやりましょう。

冬は特に寒くて窓を開けることをなかなかしませんが、
部屋の空気を入れ替えて換気することも
インフルエンザ予防に大事なことです。

こういったことはめんどくさいのですが、
普段からこれらのことを気を付けておくと
インフルエンザに感染する確率を非常に抑えることができます。

そして毎年予防接種を受けることも重要です。

インフルエンザは12月ごろから増えていきますので、
予防接種は11月中旬には受けておきましょう。

インフルエンザに感染してしまうと
仕事を休まなくてはいけなくなるし、
なにより自分がしんどくなります。

ご紹介した予防法を参考にして
特に11月ぐらいから気を付けておくと
効果的に予防できますよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す