赤ちゃんは熱中症に夜でもなる?嘔吐した時の対処法


暑い時期になってくると熱中症になってしまうのが心配になってきますね。

 

特に免疫力が低い赤ちゃんがいる家庭では

気をつける必要があります。

 

 

熱中症は日差しが強い昼間だけではなく

になることもあり、

赤ちゃんや老人は特に気をつけなければいけません。

スポンサードリンク



 

 

 

赤ちゃんや老人の場合、

体温調整がうまく働かないことがあり

夜に涼しくなったときでも熱中症により救急車に運ばれることがあります。

 

 

 

昼間は暑くてエアコンを付けて室温を

調整したりしますが、

になり室温が下がるとエアコンを止め

扇風機などで大丈夫だろうと油断してしまうことがあります。

 

 

これはとても危険で

赤ちゃん老人は汗をかいて体温調整する機能が

成人に比べると低く体温が上がっても

体温を下げる能力が低く体に熱がこもりやすくなります

 

 

 

こうなってしまうと体温がどんどん上がり

熱中症になってしまいます。

 

 

特に日本の夏は気温が高いと同時に

湿度も高いので汗をかきづらい環境です。

 

 

なのでいくら夜になって気温が下がったとしても

体温調整がしにくい赤ちゃんや老人に合わせた

室温調整が必要です。

 

 

 

赤ちゃんが熱中症になったらどうすれば良いのか?

 

初期症状(顔が赤い・飲み物をやたらと欲しがる)の場合ですと、

体温を下げるために室温が下げたり、保冷剤をタオルなどでくるみ

首やわきの下に挟んだり、水分補給をしてあげると

症状が軽減されます。

 

 

もし、嘔吐するようなことがあれば

それは危険な状態なので、

直ちに病院に連れて行ってください。

 

 

病院に連れて行くときも

体を冷やすために保冷剤を使ったり、

車で病院に連れて行くならエアコンを強めにして

車内の温度を下げるようにしてください。

 

 

嘔吐するほどの熱中症だと

命の危険がありますので、

場合によっては救急車にきてもらうことも視野に入れてください。

 

 

 

暑い時期になると

毎日何度も救急車が出動しなければいけないほど

熱中症患者が多くなります。

 

 

少し油断すると

赤ちゃんは熱中症になってしまいますので、

夜だろうと雨の日だろうと日差しが強くないときでも

注意しましょうね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す