らっきょうの効能は血圧や心臓にどんな影響を与える?


らっきょうには食欲増進や脂肪の吸収を抑えるといった

さまざまな効能があります。

 

 

それらの効能のほかに

血圧や心臓に対しても影響を与えるのですが、

どんな影響を与えるのか?

スポンサードリンク



 

 

高血圧の方は

らっきょうに含まれる硫化アリルを摂取すると

この成分は血液の流れをよくするものなので、

血圧を下げるのに効果が期待できますよ。

 

 

血圧が下がると

心臓に対しての負担も軽くなりますので、

高血圧であれば血圧を下げる努力はしたほうが良いです。

 

 

 

血流がよくなれば

心臓の機能も高められます。

 

狭心症になった方が

らっきょうを食べ続けたら

狭心症の発作が出なくなり、

血圧も安定するようになったという声もあります。

 

 

 

らっきょうを食べると

血圧を安定させたり心臓の機能を高めさせたりして

血流がよくなりますので、

冷え性の方に対しても効果があります。

 

 

らっきょうにはビタミンB1の吸収を助ける効能がありますので、

ビタミンB1を多く含む豚肉やうなぎと一緒に食べると

効果が倍増します。

 

ビタミンB1には疲労物質を貯めにくくする効果があるので、

疲れやすい方にはオススメです。

 

 

暑い時期になると、

汗をよくかいて血液の水分が不足して

どろどろになりやすくなりますので、

水分を取りつつらっきょうを食べて

血流を良くしておくと高血圧や心臓の病気予防につながりますよ。

 

 

 

ただらっきょうは体にいいのですが、

塩分が高いので食べすぎには注意です。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す