入社式の服装やカバンで女性と男性はどんなのがいい?


今年から、いよいよ社会人になる皆さま。
新しい年の始まりに、ドキドキとわくわく、混在しているのではないでしょうか?

遥か彼方に入社式を終えた私にはうらやましい限りです。

そして、おめでとうございます!
入社式の服装で失敗しない様、押さえておきたいポイントを紹介してまいります。
ご参考にして頂き、素敵な入社式をお迎えください。

スポンサードリンク



基本的なルールは覚えておくに越したことはないですよね。
学生の頃のように、自由すぎる服装はやはり印象が良くありません。

プライベートでオシャレを楽しんで、社会人の仲間入りをしっかりと
経験し、頑張っていきましょうね!

新入社員という事で、とにかく目立つのですね。先輩たちも興味津々なので
特に注目を集めてしまうので、服装も無難な物で、目立ちすぎない事が
その先の仕事の始めやすさでもあると思ってくださいね!

入社式は式典であるので、個性的な格好である必要は無いのです。
かしこまった式典にはダーク系が相応と考えていいと思います。

入社式に失敗しない服装で女性はどんなのがいい?

一般的には基本はスーツが望ましいと考えられています。

スーツではなく、動きやすい服装などと言われた場合には、シンプルなブラウスに
ジャケットとパンツなどもいいのではないでしょうか。
ジーンズなどは避けたほうが良いですね。

色は就活用のリクルートスーツなど多いですね。黒や紺、ダークグレーなどは
無難な所ではないでしょうか。

女性はスカートが正装と認識を持っているところが多いので、スカートが望ましいと
思いますが、パンツが決してダメなわけではありません。

スカートならば、丈はミニなどではNGです。
椅子に座った時に足が露出してしまいだらしない印象になってしまいます。
膝が隠れる程度が良いと思います。

式の名の付く場では襟のあるブラウスがいいですね。
白が一番、フレッシュで清潔感があり好印象ですね。どうしても色があるブラウスを
着たい場合には薄い色が基本です。

またスーツから袖は見えないようにするのが好ましいようです。

アクセサリーやバックはシンプルに、ストッキングもベージュなどが
選ばれています。伝線した時用の替えも準部しておいてくださいね。

入社式に失敗しない服装で男性はどんなのがいい?

リクルートスーツが適していますね。

色は女性と同じように、黒・紺・ダークグレーなどが無難です。
無地のスーツがお勧めです。

オシャレにこだわりたい方は、目立たないシャドウストライプなどの柄もありますが、
まずは、無難な無地を着用し、入社後は周りの雰囲気をみながら取り入れていくことをお勧めします。

ブラウスも白がほとんどで、色物のシャツは避けたほうが良いでしょう。

ネクタイも太すぎず、細過ぎずに真ん中位のサイズで派手過ぎず、シックな柄を選んだ方が
素敵ですね。

靴下はスーツの色や靴の色にあわせましょう。

スーツの上着のボタン(シングル)は2つボタンなら上だけ止めて、下をあけておく、
3つボタンなら、真ん中だけ止めるか、襟のデザインによって上2つだけ止めるというのが正式ですが、知っている人は少ないと思います。

更に、座る時にはボタンをはずし、立つときに留めるのがルールという事もあります。
知っていたら、かっこいいですよね!

ただすべての人が知っているとは限りませんので、ルール重視ともいかないようですね。

まとめ

一番大切な事は、清潔感です。
しわの無い物を来て、ビシっと決めてきてくださいね!

新しい環境の始まり。緊張感でいっぱいだと思いますが、この新鮮な気持ちは
一生に一回の経験だと思います。

素敵な入社式をお迎えくださいね!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す