目がかゆい時充血が片目だけの時や涙が出る時の対策


現代社会では目を酷使する事が環境の中に多く存在していますよね。

読書と言いたいですが、パソコン仕事や携帯のスマートフォンの使用率が上がり、ドライアイなどは近年増えています。

でも片目だけって気になりますよね。同じに使っているのにどうして、なんでだろうと心配になりますよね。

そこで、充血や涙が出る時はどんな時なのかを調べてみました。
是非ご覧いただき、お役立ていただければと思います。

スポンサードリンク



ドライアイ」で片目だけ涙が出ることもあります。
それ以外でも、瞼の上にある涙腺が詰まっていることが原因もあります。

必ずしも両目が同じようになるわけでもなく、片目だけというのが多いようです。
涙腺が詰まっているかの検査は眼科で行えますので、受診する事が一番の安心ですね。

目がかゆい!充血が片目だけになるのはなぜ?

「ドライアイ」と言われる、長時間パソコン画面など見続けることにより起こる症状。

目にゴミが入ったり、瞼や目の周りが痒くなったりの症状は
流行性結膜炎」とは結膜が充血し、目やにや異物、痒みなどを伴う片目だけに症状が出る事もあります。

ウイルス性角膜炎」と呼ばれ、ウイルスが原因で起きます。
潜伏期間は1~2週間あり、目やにや目の充血、痒みがあります。

流行り目の場合はウイルスが原因なので、感染力が高く、人にうつる可能性もあるので、素人判断ではなく、早目の受診をおすすめします。

「毛細血管」が切れて充血する事もあるのです。
原因は加齢もあります。数日で自然治癒しますが治らない場合には受診を勧めますが、
ショックな事ですが一種の老化現象なのです。

目がかゆい時充血して涙が出る時の対策

●充血した目を冷やす
目の充血は白目部分の血管を流れる血液が多くなることで血管が膨張して起こり、目を冷やすことで血管の拡張を鎮めてくれ即効性があります。
冷やす時は冷蔵庫などで冷やしたタオルを充てるといいと思います。

●目を休める
目の疲労も要因の一つですので、酸素不足となっている目の血液が集中しているため、充血が起きるので、目をつぶってリラックスする事は、涙の量を調整する自律神経を整える効果もあり一石二鳥なのです。

●眼科の受診
目の充血以外にも症状がある場合には眼科の受診をお勧めします。
ドライアイの放置は視力を損ねる恐れもあるので、自己判断はせず、病院にいきましょう。

●市販薬を買う
最近の目薬は、涙と同じ成分の目薬、抗ヒスタミン入りの目薬、抗菌作用の目薬、と種類も多くあります。病院に行けない時にはこのような目薬を使うのも一つの選択ですよね。

●食生活の見直し
ビタミンAは目の健康を維持する役割があります。黄色野菜や卵、ウナギレバ、レバー、には多く含まれています。ビタミンAが欠乏すると、角膜乾燥症を引き起こし充血を悪化させてしまうのです。

刺激物も控えることもおすすめします。

●目のマッサージ
目の疲れから来る充血にはマッサージが効果的です。目を軽く閉じて、指の腹で目の周りの骨を軽くなぞって下さい。横になり、リラックスし優しくマッサージしてくださいね。

頭と首の付け根部分には疲れ目のツボがあります。ここをほぐすと疲れが和らぎます。

まとめ

目の充血は本当に心配ですよね。

目が疲れている、パソコンを見すぎた、花粉で目が痒くて掻いてしまったなど自分でも原因がなんとなくわかっている分には、マッサージや目薬の対応でも良いかもしれません。

でも、何もなかったのに急に片目だけ赤くなってしまったなんて事でしたら、すぐに病院を受診する事をお勧めします。

目薬も病気の原因によってつけ方が異なるので、安心できるよう受診しましょう!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す