桜に発生する毛虫の種類や時期は?どんな対策をしたらいい?


春だ~桜だ~花見だ~と浮かれているそこの あ・な・た!
桜の花には毛虫がいたなんて知っていましたか!!

何となく聞いたことは合ったけど、毛虫がいるからどうしたの?程度の記憶ではないでしょうか?

でも大変なんですよ、毛虫に刺されたら皮膚が大変なことになってしまうのです。

そこで、毛虫対策について調べましたので、今年の春は、しっかりと毛虫対策をしてから綺麗な満開の桜見学を楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク



先ず、大抵の木には毛虫はつきものなのはご存知の方も多いのではないでしょうか。

そして毛虫の発生する時期については、暖かくなると発生するわけですよね。

毛虫を見かけるのはだいたい、4月から11月くらいの間。
大量に増えるのは6月から8月なのです。
成長すると「蛾」になって飛び立っていくのです。

「モンクロシャチホコ」という幼虫。小さなときは赤褐色。大きくなると紫黒色で白い毛が多くなり体長は5センチ。この大きな体で葉を食い尽くすのです。

毒はなく、刺す事もなく人間には無害なのですが、桜の葉を食べているので桜の木にとって害があるようです。

1本の木の葉が1日から2日で大量の毛虫によって一斉に食べられ丸裸にされるほどです。

イラガ」刺された瞬間にピリピリとした激しい痛みが走ります。痒みは余りないですが、痛みが2~3日続いて腫れてしまいます。皮膚には水泡が出来る事もあり、感電したような痛みから、別名「電気虫」(でんきむし)とも呼ばれているのです。

クロシタアオイラガ」刺された瞬間に痛みを感じ、「イラガ」より症状が長引きます。

ドクガ」黒褐色でオレンジ色のしまや斑紋があって、多数の黒褐色の長毛で体調は4センチ。成虫が産卵した卵には毒のついた毛があるので卵には絶対に触れないでくださいね!

成虫も毒があり触ると皮膚炎を起こす、危険な毛虫です。

桜に毛虫が発生する時期は?

桜の木に毛虫が発生時期は、5月から9月にかけて温かい日が続く時期です。
特に梅雨時期の湿度が高くジメジメした6月中旬くらいが毛虫にとって最適な環境が続きます。

桜の花が散り、3月下旬から4月下旬、遅い所でも5月上旬と毛虫の餌となる若葉が付き始めた頃から要注意です。

地域や毛虫の種類によって多少異なりますが、平均して大量発生時期は7月下旬から9月。
先ず、毛虫が幼虫として葉っぱの裏に卵らしきものがあるのを見たことありませんか?
成長と共に葉っぱを食べていくのです。

ですので、花見をしている4月頃には、桜の木の下にレジャーシートを敷いて楽しんでいても心配はないはずなんですね・・。

でも全くいないわけでもないので、気にしながらがいいと思います。

桜に発生する毛虫対策!

毛虫を駆除するのは専用の殺虫剤を使用するのが一番効果的です!
特に毛虫の場合、抜けた毛にも毒が残る事もあるので、毛まで固めるタイプの殺虫剤がお勧めです。

手元に殺虫剤がない場合には、60度以上の熱湯をかけることで、無毒化するといわれています。でも熱湯をかけたからと言って、素手で触るのはやめてくださいね。
厚手のゴム手袋など使って処理してください。

とにかく対策としては風の強い日は避ける、殺虫剤を持参する!長そでの服を着ていく、マスクをして皮膚をなるべく隠す、手袋を持参する、念のためステロイド系の軟膏を持っていくことが予防としてはいいのではないでしょうか。

まとめ

綺麗な花には何かしら問題があるのでしょうか?
毛虫の発生時期は花見の時期からずれてはいますが、いつでもいるかもしれないと思いながら注意しておくに越したことはありませんよね。

万全な対策で満開の桜を楽しんでみてきてくださいね♪

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す