チョコを食べると頭痛くなるのは治る?吐き気がする原因は?


チョコレート嫌いな人はいないですよね~。
それくらい一度は口にしたことがあるお菓子の一つですよね。

でもチョコレートって食べることで体に変化が出る話も聞きますね。

気持ち悪くなったり、頭が痛くなったり、反対に頭の痛みが無くなったり。

いったいどのような変化が出るのか、身体に良いのか悪いのか?
それにはどのような理由があるのかを調べてみました。
知っていると役に立つことも多くありますので是非ご覧ください!!

スポンサードリンク



チョコレートに含まれる成分にはポリフェノールやカカオ、
テオブロミン、ブドウ糖、食物繊維、ビタミン、ミネラルと
たくさんの成分が入っているのは知っていましたか?

これらの成分にはそれぞれ効果があり、摂取量によって
または体質によって、取り込んでしまった量により、良い効果や
悪い効果に変わっていってしまうのです。

何とも腹八分と言いますが、甘くておいしいから食べ過ぎてしまった・・
そうなると体に変化が起こるのかもしれませんね。

チョコを食べると頭痛は治る?

脳は糖分をエネルギーとしているので、血液中の糖分が少なくなると
身体は反応して、脳に多くの血液を送り込もうと血管を拡張させます。
このように拡張が原因で起こる頭痛と、低血糖の時に起こる頭痛があります。

低血糖で起こる頭痛にはチョコレートを食べる事で血糖値が上がり、頭痛が
改善され痛くなくなるという事なのですね。

でもチョコレートは低血糖を急激に上げて、その反動で血糖値が下がるので
こちらが原因で頭痛が治るのというのは余り、健康状態が良いとは言えないですので
食改善が必要になってきますので、お気を付けくださいね。

チョコを食べると頭痛や吐き気がするのはどんな原因があるの?

チョコを食べすぎるとチョコの中に含まれる成分を摂取しすぎてしまい
頭痛や吐き気が起こる場合があります。
・チョコレートの中に大量に含まれる「チラミン」は血管が収縮する作用を
持っており、心拍数と血圧の上昇が起こります。

体内のチラミンが切れると収縮をしていた血管が反動で一気に拡張し
偏頭痛など引き起こす原因の1つと言われています。

・「ヒスタミン」もチョコレートには多く含まれています。
ヒスタミンはアレルギー反応と深いかかわりがある物質でアレルギーの元となる
アレルゲン(花粉やハウスダスト)が体内に入り込むと分泌され症状が出るようです。

ヒスタミンはアレルギー反応意外にも、大量摂取する事で、食中毒を
引き起こす事もあるのです。
発症すると、頭痛・吐き気・むかつきなどが出ます。

・テオブロミンは気管支喘息の治療で使用される気管支拡張剤テオフィリンと同じ仲間。
大量に摂取すると頭痛や吐き気を起こしてしまいます。

・カフェインは大量に摂取してしまうと、胃の粘膜が刺激され、胃酸が過剰に
分泌さて、この胃酸で粘液が傷ついてむかつきや吐き気が起こる事もあります。
慢性中毒になりやすいので食べすぎは潮位が必要ですよね。

まとめ

チョコレートと紅茶とコーヒー。カフェで組み合わせてみたいのですが
本当はカフェインの摂取量が増え、危険な組み合わせなんですね。

不普段の生活の中で、チョコは食べ過ぎていないのにと思っても
意外な物が食べ物の成分に入っていて、身体への変化が起こってしまうのですね。

食べ過ぎないように、美味しくチョコレートを頂いてくださいね♪

チョコレートには動脈硬化の予防や、生活習慣病の予防、大脳を刺激し
やる気や集中力が高まり、便通の改善や栄養の消化吸収を高め、
適度な量であれば体に良いことが沢山ありますので上手に食べて健康に
役立ててください!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す