冷夏で売れるものは?高騰しにくい野菜は?


夏になると暑すぎるから

冷夏だと過ごしやすくていいかもと思ったりもしますが、

冷夏の影響で野菜の価格が高騰したりします。

 

 

暑い時期によく売れるものが

冷夏で涼しくなると売れなくなり

それと反対によく売れるものが出てきます。

 

 

そこで冷夏になるとどんなものがよく売れるのか?

また、野菜は冷夏によって影響が出るので

高騰しにくい野菜について解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

 

冷夏になるとよく売れるものは?

冷夏によって涼しくなると、

夏物衣料や炭酸飲料など

暑いときに売れるものの売り上げが下がります。

 

そして、暑いときには売れない暖かくなるものがよく売れます。

例えば、インスタントラーメンおでんなどがよく売れます。

他には秋物衣料がよく売れるので、

服を扱う店では早めに秋物衣料を店頭に並べたりします。

 

 

暑いときに食べるラーメンやおでんもおいしいですが、

暑すぎるとそれらよりもそうめん冷やし中華を食べて

少しでも体が冷える食べ物が欲しくなりますね。

 

 

ファッションに関しても

ファッションの先取りとして秋物を着たくても

暑すぎると少しでも涼しい格好をしたくなります。

 

 

ですが、冷夏によってすずしくなると

秋物を着ても過ごしやすくなったり、

長袖を着る事によって

紫外線が肌に当たるのを少しでも減らすことができます。

 

 

冷夏になると熱中症などが少なくなり、

過ごしやすくなりますが、

夏野菜といわれるナスにんじんに被害が出て、

価格が高騰してしまいます。

 

 

そんな中でも価格が高騰しにくい野菜があります。

ほうれん草もやし

価格が高騰しにくいです。

 

 

特にもやしは価格の高騰が少なく、

安定的な価格になっています。

 

 

 

冷夏になると野菜果物が取れなくなり、

価格が高騰してしまうので、

涼しい夏だからといってうれしいばかりではありませんね。

 

 

農業をされている方にとっては、

天気によって農作物の収穫量も変わってきますので、

死活問題になります。

 

 

エルニーニョ現象によって、

冷夏になる可能性がありますので、

こういった現象にも目を光らせておくといいですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す