汚れの落とし方!口紅やクレヨンやチョコの落とし方


洋服を脱いだ時に、口紅が付いてしまったり。
お子さんがいるご家庭ではクレヨンは天敵ですよね。
床に、壁に・・やめてぇ~~と叫びたくなります。

それでもついてしまった汚れ、そのままにしておくわけにはいきませんよね。

そこで、簡単に汚れが落とせる方法を調べてみました!
是非ご覧いただき試してみてくださいね。

諦めなくても大丈夫!汚れを落としてきれいな洋服や
お部屋で過ごしましょう♪

スポンサードリンク



●洋服に付いた場合
口紅やチョコレートなど油分が多いので、食器洗い用の洗剤、効き目があります。
色の濃い口紅がついてしまったら、キッチン用の漂白剤を使って下さい。
かなり強力な効果があるので、他の衣類とは別にしてくださいね。

汚れがついてしまったら、出来るだけ早く落とし、洗濯表示の確認を
忘れない、漂白テストをすることが大切です。

漂白テストは目立たない箇所に漂白剤をたらし、ドライヤーを当てます。
色落ち、脱色が無ければ問題ないです。

出先の場合にはメイク落としのシートでも効き目はあるようですので
お試しください!

汚れの落とし方!クレヨンの場合はどうする?

クレヨンの成分は主に顔料、ワックス(ろう)、オイル、体質顔料です。
これらの材料の比率により、クレヨンの硬さが変わるのですね。

最近では蜜蝋(みつろう)を原料にしたクレヨンや水で落とせるクレヨンも
発売されているようです。

クレヨン汚れは「油汚れ」に分類されるので、水溶性のシミに比べ、
落ちにくそうですがコツをつかめば簡単に落ちるのです!
汚れがついてしまった箇所により落とし方や落ち具合が変わります。

●壁や家具についた場合は素材に合った落とし方

・非吸収面→布に牛乳をしみこませて汚れ部分を拭く→布で水拭き、乾拭きする。
・吸収面→歯ブラシを使い掻き落とす

●ガラス・金属・プラスチックの場合

・布に牛乳をしみこませて汚れ部分を拭く→布で水拭き、乾拭きする。

●衣類に付いてしまった場合

・40度から50度のお湯に洗剤を溶かしつけ置きする→汚れた部分を揉み洗い
→衣類用の漂白剤をぬるま湯に溶かし再び、浸け置きする→水ですすぐ

汚れの落とし方!チョコの場合はどうする?

●先ずは染み抜きをしましょう。

・乾いたタオルを2~4つに折って敷き、シミのついた側がタオルに接するように置く
・洗剤の原液を少量、歯ブラシにつけて叩くか、軽くつまみ洗いする
・タオルの位置を変えて、シミの色がタオルにつかなくなるまで叩き、
次に水で叩いてすすぐ
・輪じみにならないように、境目をぼかす
・タオルでシミをとり、自然乾燥させる

※油を含むシミは洗剤、原液、ベンジン、アルコールなどを使用します。
叩き洗いがポイントです!

チョコレートは油汚れなので、手軽なのは食器洗剤を使う事です。
チョコレートがついてしまった部分に直接洗剤を付けて、歯ブラシなどで
トントンと叩くように洗剤を浸透させることで、汚れが浮き出てきます。

ゴシゴシとこすると、繊維を痛めたり、汚れが深く入り込んでしまうので
注意してくださいね。口紅なども同様です。

まとめ

いかがでしたか?
すぐに対応する事が大切で、洗剤や漂白剤など自宅に日常
あるものでも簡単にできます。

汚れの原因の主成分が分かると、洗剤の種類や、洗い方を活用できますので
汚れてしまっても慌てずに、実践してみてくださいね。

最近では洗濯洗剤も進化していて、高い洗浄力に頑固な汚れにも
しっかりと成分が浸透して汚れを綺麗に落とす効果があがっています。
染み抜きなど対応した後に、更に汚れを取る事が出来ると思います。

それでも落ちない汚れでしたら、専門のクリーニング屋さんに
持っていきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す