ノロウイルスの感染経路は食べ物や空気やトイレからあるの?



ノロウイルス・・一度は耳にしたことはありますよね。

でも聞いていて、怖いウィルスだとわかっているけれど。
実際にはどんなことに注意すべきか、詳しくはわからないなぁと
かんじていませんか?

どこから感染して、どうやって感染を広めないように気を付けるのか。
家族全員ノロにかかってしまったと聞くこともありますよね。

そうならないように、分かりやすく説明したいと思います!

スポンサードリンク



ノロウイルスの感染経路は空気からでもあるの?

●ノロウイルスの感染の威力は強力でたったの数個から私たちの
口に入る事で、小腸で24時間から48時間の間で増大してしまうのです。

嘔吐や下痢を引き起こし、その吐しゃ物の中にも、ものすごい数の
ノロウイルスがいるのを知っていますか?

感染には「飛沫感染」「接触感染」「経口感染」「空気感染」の4つの経路があるのです。

ノロウイルスの感染の始まりは、いわゆる食中毒です。
ノロに汚染された食べ物を口にして感染。

感染した食品を直接食べなくても、器具や感染した食品を調理した手によって
作られた食べ物からも感染してしまうのです。

こうして一気に「人から人へ」感染は広まるのです。

そして感染した人の嘔吐物や糞便に触れてしまうと、その手からドアや
テーブルなどに感染源であるウィルスを付けてしまい、また他の人が触れて
広めるという事になります。

目に見えない物なので、本当に怖さがありますよね。

他にも、嘔吐物から舞い上がるノロウイルスを含んだ飛沫を吸い込んでしまい
口に入る飛沫感染があります。

空気中にもウィルスはいるのか心配ですよね。
基本的にウィルスは動物の細胞に入り込んで増殖しなければ生きていけません。

空気中にでたウィルスはやがて壊れて死滅するのですが、壊れやすい、壊れにくい
ウィルスがあり、ノロは残念ながら壊れにくいのです。

稀に環境中で生き延びて、空気感染することもあるようです。

嘔吐物の処理中の舞い上がる飛沫感染がほとんどなので、
処理方法を間違えてしまうと感染してしまいますので徹底した処理を!

ノロウイルスの感染経路でトイレからうつらないようにするには?

ノロウイルスに感染すると下痢も発症します。
下痢の中にも、もちろんウィルスはいます。

トイレでも飛沫も嘔吐と同じなので、感染を拡げないように充分
注意が必要なのです。

トイレを流す時に、ふたを閉めないで流すと水は2メートル近く
跳ね上がるようです。その中にウィルスがいるので2メートル近く
飛沫感染ゾーンになってしまいますよね。

必ず、水を流す前にフタを閉めることが重要です。

ノロウイルスは石鹸やアルコールなどでは殺菌できないのです。
ノロウイルスを死滅させられるのはハイターなど次亜塩素酸しかないのです。

ノロの予防としてはもちろん丁寧な時間をかけた手洗いは十分効果が
あるので行ってくださいね!

トイレを使うのが心配になると思いますが、予防として
なるべく便座を使わずに済む和室トイレを利用する事。
洋式しかないようならば、便座を座る前にきちんと拭く事。
ドアなどには携帯する除菌ハンドジェルを持ち、使用するなど
でしょうか。

目に見えない物なので心配は多くなりますよね。

まとめ

1月から3月にかけて猛威を振るうノロウイルス。

気を付けていても、強力な感染力。手洗いうがいはもちろんですが
やはり広下ない事も重要ですよね。家族そろっては辛い物です。

万が一に備えて、しっかりと嘔吐物処理セットは準備しておいた方が
安心です!

手洗いなしだとノロウイルス約100万個、石鹸使用で30秒洗い流すことで数100個
石鹸で10秒、流水で15秒すすぐ事を2回繰り返して数10個になるそうです。

手洗いにハイターは使えませんので、まずは、しっかりと見えない菌を
洗い流す手洗いを頑張って行いましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す