赤ちゃんが咳こむ時や鼻水が出るときはどうする?たまに咳が出る時はどんな状態?


赤ちゃんの咳。心配ですよね。
大人だって苦しい咳。小さい体で体力も奪われてしまうし、早く止めてあげたい

どうすれば止めてあげられるのか?
でも咳きの原因がわからないと対処方法も分からないですよね。

咳や鼻水が出ている時の状態を調べてみました。
咳の音や出る時間帯などにもよって、病状が違ったりもします。

是非参考にして頂き、早く赤ちゃんを苦しい咳から解放してあげてください

スポンサードリンク



赤ちゃんが咳や鼻水が止まらない時はどうする?

咳はそもそもウイルスなどの異物が喉に付いた時に
外に出そうとしているのです。

鼻水も同様で鼻腔にある鼻腺から分泌された粘液で、鼻から入った
ウイルスやバクテリアなどの病原体を肺などに入れないように
防御反応でおこるのです。

風邪が原因の咳と鼻水が原因の咳があるのを知っておいてくださいね。
鼻と口がつながっているのはご存知だと思います。

・鼻水が鼻から出ないで花の後ろから出る→鼻水が喉に落ちる
→普段より粘膜性があり、喉に鼻水がへばりつく→痰が絡み外に吐きだしたい
→特に寝ている時に喉に溜まりやすいので夜中や朝方に咳が出やすい

このような状態は鼻水からの咳なのです。

症状とすると・・・
・タンが一日何回も出る・寝てから1時間後から咳が出る
・いびきのようにうるさくなる・咳をした後何か飲み込むような仕草がある

●対処法は?

・鼻水をこまめにとる事!
加熱することで鼻の通りを良くする事。またお風呂に入ると鼻水やタンが
出やすなり鼻がかめないお子様には入浴後にとってあげるのが効果的!

・寝る時に鼻水が喉に流れにくくなるように枕を高くしてあげる事。

・水分をマメにとる事でのどの乾燥を防いで、タンを切りやすくします。
咳が止まらない時には薄めた麦茶や授乳をマメにしてあげてくださいね。

・室内の温度を上げる事で、喉が湿るため咳が和らぐことがあります。
湿度が高くなるとウイルスの動きが鈍り、繁殖を防いでくれるので
加湿器などで温度調整することは風邪の予防にもなるので効果的です。

●長引く咳
咳が何週間も続いていたり、毎年同じような時期に苦しんでいたり
息が出来ないほど苦しい咳、声が出にくいがでる場合には、
耳鼻科や呼吸器内科の受診をお勧めします

赤ちゃんが咳をたまに出す時はどんな状態?

一言で咳と言っても色々な種類があります。

コンコン・・軽く乾いた咳は病気以外が考えられます

ゴホゴホ・・湿り気のある咳で「ゲホゲホ」といったタンが絡むようなものは病気に
掛かっている状態かもしれません

ケンケン・・犬のような咳は呼吸困難に繋がるような重度の病気の可能性も
高いです

ゼーゼーフューフュー・・咳ではなく気管支喘息も考えられます。

このように咳の音に注意して、病院の受診をお勧めします。

そのほかの咳の原因としては「空気乾燥」からの咳。
気温差などが咳を誘発していることもありますので室内温度や加湿器など
設置しておくと安心ですよね。

「誤飲」からの咳。
離乳食を始めたばかりだと、母乳やミルクとは違って、離乳食は固形物なので
うまく呑み込めない事があるのです。

誤飲で気道に食べ物が詰まるとなかなか咳が止まらなくなることもあるので
そんな時は抱っこして背中をポンポンと叩いてあげると良いです。

まとめ

赤ちゃんは自分で症状を話すことが出来ないので、パパさんママさんが
しっかりと見てあげましょうね。

いつから咳をし始めたのか、咳の出やすい時間帯、咳の音や長さ特徴
咳以外の症状などの情報は診察の手掛かりに大切です。

小さなことでもメモを取っておくことが、大切な我が子を早く
苦しい咳や鼻水から救う事になりますので是非実践してみてくださいね!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す