あかぎれになる原因で手の甲や指先にできるのはなぜ?栄養不足は関係あるの?


冬の寒い季節になるとあかぎれや指先のカサカサに
悩まされ方もたくさんいるのではないのでしょうか!!

手が乾燥すると痒みや手荒れで悩まされてはいませんか?

寒い冬場は皮膚を守ろうとするバリアの役割の皮脂が
水仕事などで失われてしまいバリア機能が弱くなり起こります。

初めは乾燥から症状がはじまりますが段々と刺激に敏感になり
乾燥が重症となると湿疹やかぶれを引き起こす場合もあります。

では、どのような方法であかぎれは予防ができるのでしょうか!!

スポンサードリンク



あかぎれになる原因で指先にできるのはなぜ?

特に美容師さんや水仕事や外での仕事をする方、
主婦の方がなりやすいのではないのでしょうか。

日常生活を送る中でひび、あかぎれは
冬の季節に見られる季節病とも言われております。

冬場は空気が乾燥や気温の低下により
血液の血行が悪くなりあかぎれができます。

指先にできる原因

✔︎洗剤やお湯の使いすぎが原因
水仕事でお湯や洗剤を使うと肌を守っている皮脂や
角質が必要以上に剥がれ落ち肌の水分が蒸発し
洗剤などの成分の刺激により指先のあかぎれが起こる。

✔︎血行不良による原因
気温が下がるの血液の流れが悪くなります。

血行が悪くなると体の隅々まで血液がまわらず
体に必要な栄養素が行き渡さず肌の再生機能が上手く働かず
乾燥により傷ついた肌の修復が出来なくなります。

その事によりあかぎれが出来やすくなります。

水仕事をする時や手を洗う時など注意し洗う必要があります。

あかぎれの予防法

あかぎれを予防するためには冷たい水を避け
33〜35度のぬるま湯で水仕事をやると
あかぎれになりにくいと言われております。

なので手を洗う場合も33〜35度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

ハンドソープなどはなるべく刺激の少ないものにし
洗い過ぎには注意しましょう。

皿洗いなど水仕事をするときも注意が必要です。

冬場の水仕事をする場合は
ゴム手袋をつけるなどをして予防しましょう。

ただし、ゴムにアレルギーがある場合は直接付けるのではなく
先に木綿の手袋をはめるなどをしアレルギーを防ぎましょう。

あかぎれになる原因は栄養不足なの?

あかぎれは血行不良から起こります。

血行を良くするためにはビタミンEが良いと言われております。

ビタミンEには血行を促進する作用があります。

食べ物であかぎれが改善されるの?と思われた方もいるかと思います。

ビタミンEを含む食材を食べる事で血行が良くなり改善できます。
ビタミンEが含まれている食材

◆イワシ◆たらこ◆ かぼちゃ◆ だいこん◆赤ピーマン◆アーモンド
まだまだありますがこのような食材にビタミンEは多く含まれています。

ビタミンEが含まれている食材を食べる事で体の中から改善できます。

また、大豆や魚などのタンパク質が含まれている食べ物には
熱エネルギーの発生をする要素がありますので積極的に食べるようにしましょう。

まとめ

冬に多い手荒れ!!
あかぎれがひどくなる前に予防や対策が重要です。

いちどなってしまうとなかなか治らず
症状を繰り返してしまう恐れもあります。

症状がひどくなると痛みも伴いますので
しっかりと保湿を心がけましょう。

あかぎれは寒さと血液不良から起こります。

以外にも知られていない身近な食べ物食材で
体の中からも改善ができます。

後は冷たい食べ物飲み物も血行不良の原因になります。
あまり冷たい食べ物などは控えましょう。

市販のハンドクリームや薬を使っても
改善の兆しが見られない場合や症状が悪化した場合は
早めに医師を受診ししっかり治療しましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す