山の日が祝日に決定!なぜ6月じゃないの?


2016年の8月11日に新たに祝日が決定しました。

その祝日は【山の日】というものなのですが、

いろいろな疑問の声があり、

その中でも

なぜ8月に祝日を作る必要があるのか?

なぜ祝日がない6月にしないのか?

 

という声が多いです。

 

 

そういったことについて調べてみましたので、

解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

まず、なぜ8月に祝日を作ったのか?

国会にて海の日があるから

山の日もつくろう という安易な意見から

山の日という祝日ができました。

 

山の日ができたのですが、

山といえば夏

夏といえば8月

じゃあ8月に夏の山を親しんでもらおうということで、

8月に決定しました。

 

 

もともと12日を山の日にする予定でしたが、

12日は飛行機が墜落した日だったために

日にちをずらそうということで、

11日に決定しました。

 

 

また、別の理由として

8月11日はお盆に近い日なので、

企業に対してそれほど影響はないだろうということで

その日になりました。

 

 

 

これだけの理由を並べても

学生にとってはほとんど関係がないことですね。

 

そして、お盆に休みが集中する企業にとっては、

お盆の近くに休みが増えると、

帰って平日が忙しくなり

あまり歓迎していない企業もあります。

 

 

 

これらのことを踏まえると、

8月に山の日を作るということは微妙な感じがしますね。

 

 

では、なぜ祝日がない6月に山の日を作らなかったのか?

6月だと寒い地域では

まだ雪が残ったりしていて、

山に登ることが少ないところがあるので、

6月に山の日を作らなかったといわれています。

 

 

あと、6月に反対する業界団体がいたために

6月は止めたといううわさもあります。

観光業界やカレンダー業界だとか・・・?

 

 

8月に祝日ができたということで、

一年のうち6月だけが祝日がない月となりましたが、

いずれは何かの日ができるのではないかと思います。

 

 

6月といえば全国的に梅雨に入るので、

雨の日であったりだとか

暑くなってくる時期なので、

川の日だとか水関係の祝日ができるのではないかと

個人的に予想しています。

 

 

 

山の日というのは

一部の県で日にちや名称は少し違いますが、

制定しているところもあります。

 

 

そういった県では

この山の日という祝日ができると

ややこしくなりますね。

 

 

富士山が世界遺産に決定したりだとか、

山ガールといって山を楽しむ女性が増えてきていますので、

これを機に山を楽しむようになると

健康的でいいかもですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す