チョコを赤ちゃんに食べさせてもいいのはいつから?ダメな理由は?湿疹が出るの?


甘くて美味しいチョコレート!

一口口にするととても幸せになりますよね。
私も大好きです。

ママやパパが食べているのを見ると赤ちゃんも興味を示しますよね!

では、チョコレートは赤ちゃんに食べさせては良いのでしょうか?

与えたとしても注意点はあるのでしょうか?

スポンサードリンク



赤ちゃんはいつからチョコレートを食べて良いのか?

離乳食が始まり順調に進み離乳が終わる頃には
赤ちゃんはいろいろな食べ物に興味をもちはじめます。

もちろんこの時期になると味もわかるようになり
甘い物にも興味をもちはじめます。

甘い食べ物といえばチョコレートがありますが
赤ちゃんにチョコレートをあげても良いのでしょうか?

チョコを赤ちゃんに食べさせたらダメな理由は?

赤ちゃんにチョコレートのイメージはNGと思いますよね!!

ママの知らないところで勝手に食べてしまって慌ててしまうママのいるかもしれません。

ですが、チョコレートは食品ですので
赤ちゃんが食べてしまっても危険が及ぼすという事はありませんが、
まれにカカオやチョコレートに含まれている食品に
アレルギーがある場合は、鼻血や嘔吐、下痢、
痙攣が出ると言われておりますが
チョコレートを食べアレルギー反応を引き起こす確率はかなり低いとも言われております。

では何故赤ちゃんにチョコレートをあげてはいけないのでしょうか?

その理由はいくつかあげられるますが
まずみなさんが思うのは虫歯ではないでしょうか。

甘〜いチョコレートには糖分の多さもありますが食べた後、
歯にもチョコレートがつきやすくなかなか取れない為虫歯の原因になります。

また、チョコレートにはカフェインや脂肪分やエネルギーも高く
刺激が強くカフェインによりとりすぎにより寝つきも悪くなるからです。

しかも、チョコレートはとても甘く味が濃い食べ物です。

離乳食がはじめたばかりの赤ちゃんは徐々に味覚を覚えていく時期なので、
チョコレートなど甘く濃い味を覚えてしまうと
これからの食事も進まなくなる可能性もあるからです。

ではいつ頃からあげてもよいのでしょうか?

チョコレートを食べると歯につきなかなかとれません。

ですので、ちゃんと歯磨きをさせてくれる
1歳〜2歳が目安ではないのでしょうか。

もし、かげるのであれば3歳を過ぎるまでは
チョコレートを食べさせないほうが良いでしょう!!

ただ、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合はなかなかそうはいかないので、
チョコレートを食べた後はしっかりと歯磨きをしましょう。

チョコを赤ちゃんに食べさせたら湿疹が出るの?

乳幼児湿疹の原因の1つに母親が食べた物が母乳となり
それを赤ちゃんが飲む事で湿疹がでる可能性があります。

特にチョコレートは砂糖や植物性油やカカオなど色々な成分が含まれております。

母親が普段何気なくチョコレートを使った物を食べてしまうと
乳児湿疹を引き起こす母乳になります。

その母乳を飲んだ赤ちゃんがアレルギー反応をおこし湿疹を引き起こします。

実際に赤ちゃんがチョコレートを口にしなくても
母親からの母乳で湿疹がでてしまう可能性がある為、
母親の食事も気をつけなければなりませんね。

とはいうもののチョコレートが大好きな方や
甘い物を控えなくちゃいけないと思うとよけいに食べたくなっちゃいますよね。

まとめ

今回は赤ちゃんがチョコレートを食べてダメな理由をご紹介しました。

離乳食後期になり赤ちゃんもだんだんといろんな味がわかってきたばかりの時期に
チョコレートに限らず甘い物や
味が濃い物はなるべく3歳を過ぎるまでは控えるようにしましょう。

もし、食べさせた場合は虫歯にならないようにしっかりと歯磨きをしましょう。

甘い物を食べすぎてしまうと肥満の危険性もありますので気をっけましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す