田植えの時期や準備は?子供はどんな服装がいい?


田んぼに水が大量にはって行くさまを見ていくと、

田植えの時期が来たなとしみじみ思うわけですが、

日本各地によって田植えの時期に違いがあります。

 

 

今では田植えの体験学習や、

学校によっては田植えを体験する授業もあるぐらいです。

 

 

そんな身近にある田植えですが、

時期やどんな準備が必要なのか?

また、子供が田植えを体験するときにはどんな服装がいいのか?

そういったことを解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

 

田植えの時期は?

 

大体全国的に見ると、

のほうから田植えの時期が早くなり、

にいくと時期が遅れていきます

 

 

全国的に見ると

田植えの時期は北から南へとずれているのですが、

沖縄が一番田植えをする時期が早いです。

 

沖縄では3月の上旬に田植えの時期に入り、

一番遅い時期に田植えをする佐賀県では

6月の中旬になります。

 

 

時期が早いところと遅いところでは、

約3ヶ月の差がありますが、

全国的に見ると5月の中旬下旬

田植えの最盛期となります。

 

 

地域によって気温や土の状態が違いますので、

植える稲の品種もかわり

時期も変わってきます。

 

 

田植えのするのに種となるものが必要になりますが、

どうやって準備しているのでしょうか?

 

毎年米を作っている農家は

たねもみとして前もって保管しており、

それが足りない場合や無い場合は、

JAから購入して準備をしています。

 

 

田植えの体験などで、

子供が田植を経験する際に

服装はどんなものがいいのか?

 

服装について気をつけて欲しいのは、

足元です。

 

足元については

しっかりと準備しておかないと田植えどころではなくなってしまうので、

足元には気をつけておきましょう。

 

では足元はどんな風にすればいいのかというと、

田んぼに入る際には基本的にははだしで大丈夫です。

 

田んぼに足を突っ込む

沼に似た感覚なので、運動靴や長靴を履いて入ると

靴が脱げてしまいます

 

田植の体験学習をする田んぼでは、

石などを取り除かれていますが、

それでも心配する場合は、

地下足袋がオススメです。

 

 

上の服装は汚れてもいい半そで半ズボンで十分です。

 

田んぼでは足が埋まって動きづらく

そのまま倒れてしまうことがよくありますので、

田植えの体験が終わったら捨ててもいい服装で参加するといいですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す