しもやけが痛い!原因や腫れる時やかゆい時の対処法


「しもやけ」言葉は知っているけれど・・・
寒冷地に住んでないから大丈夫・・・なんて思っていませんか?

間違えですよ。しもやけは誰もが普段の生活の中でも
かかってしまう恐れがあるのです。

しかも、しもやけになると、指が腫れ、痛みが伴い、指先仕事に
負担が生じてしまうのです。

もしも、しもやけになってしまった時、腫れや痛みの原因や対処方法が分かれば、
少しは楽になれると思います。

調べてみましたので是非、ご覧いただき、参考にしてください!

スポンサードリンク



しもやけが痛いし腫れる時の対処法

◆痛みや腫れが起こるのはなぜ?
凍瘡とも言われ、一種の皮膚の炎症のようなものです。

寒さによる血管の収縮で、動脈と静脈それぞれ、戻るスピードに違いがあり
動脈は戻りが早く、静脈は遅い特徴があります。

そのことが原因で血液循環が悪くなるのです。

手足の末梢の部分は寒さなどで冷えが起こり、血管の拡張や収縮が出来なくなり、
指先や足・耳たぶや鼻など先端がなりやすいのは、体の末梢にある部分は血管が細くて
血液循環が悪くなって酸素や栄養が十分届かなくなる部分です。

血液が溜まった「うっ血」という状態は、その部分に炎症を起こし、
そのことで痛みが発生し、強くはれてしまうメカニズムなのです。

特に水仕事が多い人は常に血液循環が悪くて
しもやけの症状が多くみられるのです。

◆しもやけが腫れた時の対処法は?
①血行を良くする
→入浴などで温めるのではなく、しもやけの場合は末梢まで
しっかり血液の循環をさせる必要があります。

血管を拡張させて、その後収縮させる方法が必要なのです。

・40度のお湯と水道水を準備します。交互にお湯→水に患部を入れて5回ほど繰り返します
※耳たぶや浸しづらい患部はタオルを使用する事をお勧めします。

②ビタミンEを摂取する
→ビタミンEは血管を拡げて血行を良くし、皮膚の温度を上げる働きがあります。
また冷えだけではなく細胞の酸化を防ぎ若返りの効果も期待できます!

摂取量の目安は成人男性1日7ミリグラム 成人女性1日6.5ミリグラム
となっています。特にアーモンドがお勧めです。

③生姜を下ろしてガーゼに包む
→生姜は体を温め血行を良くする効果があります。
生姜をすりおろしてガーゼに包み、患部に塗ります。

入浴前に塗っておいて、その後入浴すると更に暖まり効果が期待できます。

④お灸をする
→患部近くにお灸をすることで血行改善されます。
取り扱いには注意が必要ですが、患部の血行改善などの効果が期待できます。

⑤軟膏の塗布
→ビタミンE配合、ヘパリン類似物質配合のクリームにより血行改善。

◆しもやけが痛いしかゆい時の対処法

しもやけが腫れた時と対処方法は同様なものも多いです。
① ~④は同様の効果があります。

軟膏を塗るのはご存知かと思いますが、肩こりや筋肉痛などに塗る
外洋消炎鎮痛剤が効果的なのです。

商品名で言えばトクホンチールやアンメルツ。大丈夫?と思いますが
「効果・効能」にしもやけと記入されているので安心です。

何処の製薬会社のものでも、
痛みを鎮める作用「サリチル酸メチル」が
配合されているので痒みを和らげてくれるのです。

※人によってはかぶれもありますのでご注意ください

ステロイド外用剤はかゆみを伴う皮膚炎など
皮膚トラブルに優れた抗炎症作用を発揮します。

痒みが強いと掻き壊しによる症状悪化が懸念されるので
最初の段階で強めのステロイド剤使用し、短期間で治すことも重要なのです。

しもや予防
・締め付けない・・きつい下着や先の細い靴は履かない様心がけましょう。
圧迫することで血流が悪くなります。

・防寒・・しもやけが出来そうな部分を保護しましょう。指先や足先、耳たぶなどに
厚手の靴下・手袋・耳カバーなどで保護して守りましょう!

・暖かい食事・・体を中から温めましょう。生姜や根菜類など汁ものの摂取もお勧めします。

・温める・・湯船にしっかりと浸かり、マッサージなどしましょう。布団にあんか。
ホッカイロなども使うと暖まりますよ。

・血行改善・・結構改善効果のある食べ物摂取。

落花生や大豆、アーモンド、マメ製品
タラコ、マヨネーズやサラダ油など植物油に多く含まれています。

まとめ

しもやけの対処方法を上げてみましたが、なってからよりも
確実にならないように対処する方が大切です。

血行不良が原因なので、先ずは原因を把握し、
血行改善する食事や、洋服の対策が本当に大切ですね。

気を付けて予防してもなってしまうのも、しもやけなのですが、
初期のしもやけもほとんど改善できますのでお試しください。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す