扁桃腺が炎症を起こして治らない時には?原因や熱が出るの?


扁桃腺が腫れてしまい、痛くて何も食べることが出来ない・・・。

水も飲むのにズキズキして。
誰もが経験しているのではないでしょうか?

そこで、扁桃腺が炎症を起こしてしまう原因や、
なぜ熱が出てしまうのかを調べてみました。

理由が分かっていれば、何らか予防が出来て 、
あの痛みになる前に少しは悪化させずに
済むのではないでしょうか。
参考になれば、嬉しく思います。

スポンサードリンク



扁桃腺が炎症を起こす原因は?

扁桃腺は誰もが目で見て知っている場所ではないでしょうか。

鏡の前で口を大きく開けると、
自分でも確認することが出来ますよね。

手で触れることも出来るし、炎症や膿が溜まっている時にも、
口を開けたまま治療することも出来ます。

そもそも、この扁桃腺はなぜあるの?と
素朴な疑問が湧いてきますよね。

知ってみると大変大きな役割を持っているのです!

幼少期には体の免疫力がまだ低く、ウイルスと戦うにはこの扁桃腺に
助けてもらっていた訳なのです。

扁桃腺はリンパ管で、病原体など体内への侵入を防ぐ役割をしているのです。

実際にはリンパの集合器官で、口腔、鼻孔から吸引した異物が咽頭に至る前に
免疫応答できるような機関なのです。

何故腫れるのかというと、この扁桃の表面に
異物(常在菌)が付着した時に、ウイルス攻撃にあい、
過労や風邪などにより抵抗力が弱まる事で、
ウイルスが活動を開始し、その攻撃と戦う事で炎症が起きるのです。

攻撃が激しいほど、顕著な腫れを引き起こします。

大人になるにつれ、免疫力も強くなり他のリンパ節に比重が偏っていき、
扁桃腺自体が小さく後退していきます。

扁桃腺が腫れることで、痛みが伴い、食べ物や飲み物、
唾でさえ呑み込む時に扁桃腺に
触れるため痛みが生じるのです。

ごく稀ですが、腫れがひどい場合には、肥大しすぎて喉を覆ってしまい、
呼吸困難に陥る事もあるようです。

扁桃腺炎が治らない時には?
・扁桃腺の腫れが引かない場合は、
冷やすことで痛みを軽減することが出来ます。

氷水にタオルを浸して充てると良いです。

・即効性はないですが扁桃腺の腫れを抑える効果がある栄養成分を多く
摂取することが大切です。

柑橘系の果物。オレンジ・みかん・グレープフルーツなどは
ビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンCは免疫力を高めてくれ、
更なる感染で症状が悪化するのを防いでくれます。

ビタミンEは抗炎症作用があり、
扁桃腺が炎症しているのを抑えてくれます。

他にも緑黄色野菜やトマト、
マンゴーにも扁桃腺の腫れを治すのに効果的ですよ。

●なかなか治らない場合には早めに受診しましょう

細菌性の扁桃腺炎に抗生物質は効果的で、
喉の消毒や鎮解熱剤を
使用することで菌は対処できます。

頻度が細菌性より低いウイルス性の扁桃腺炎は、
点滴注射、鎮痛剤、解熱剤を出されます。

どちらの場合も免疫力を高めるため、すぐに内服し、
睡眠や食事により改善を図りましょう。

扁桃腺が炎症を起こしたら熱が出る?

扁桃腺が腫れて、高熱が出ると言われていますが、
高熱が出るのはいったいなぜでしょうか?

発熱のメカニズムは、
ウイルスは熱を持っていて体温を上げてしまう訳ではなくて
自分自身で必然的に起こしているのです。

体温を上げることで、ウイルスの活動や増殖を抑え、自身の免疫力の活性化を
促すためと言えるのです。

細菌やウイルスが体内に侵入すると、
最初に反応するのは白血球です。

真っ先に細菌やウイルスを倒そうと
働きかけている最中なのが「熱」の証拠なのです。

扁桃腺の炎症原因は外部からもあれば、
身体の中にあった菌(常在菌)が悪さをする事もあります。

そのきっかけは免疫力の低下からです。

睡眠不足・ストレス・疲労・食事の偏りなどで自身の持つ免疫力が低下し
共存していた常在菌とのバランスがとれなくなり、
常在菌の力が強まり扁桃腺の炎症から高熱に発展するのです。

熱が出ているのは常在菌と白血球が戦っている証拠。

全身を回っている血管が広がり、
血液量も増している状態と言えます。

熱が出ている時には、先ずは睡眠時間を確保して、
過度のストレスや疲労をなくし、
心身状態を整えることが大切で、食べられるようならバランスの良い食事を
摂る事で免疫力を高めることが重要です!

熱により汗で水分が出てしまっている場合には、水分補給し、身体を拭いて
冷えピタなど利用して寝やすい環境を整え、自身の白血球の手助けをして
熱を下げるように頑張りましょう。

まとめ

先ずはなぜ腫れてしまうのか?熱が出るのか原因を知る事で、
自宅で出来ることも分かるようになりますよね。

防いでいても少しずれていたとなれば、
より正しい予防法を行う事で、
扁桃腺の痛みや腫れから早めに抜け出せるかもしません。

先ずは普段から心がけるのは、正しい食生活送り、
免疫力の低下を防ぐことなのですね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す