マラソン前日に失敗しないトレーニング法!マッサージやサウナは大丈夫?


マラソンは健康を促進し、強い身体を作る運動のひとつとして、
様々な年代の層に親しまれているスポーツです。

いまでは、参加賞や入賞の商品が豪華な
自治体主催のマラソン大会も多く開催されているようで、
身近な運動として更に知名度を上げているようです。

普段から運動をする機会が多い方も、
マラソンなど長時間身体を動かすスポーツを行うときには、
事前にストレッチや準備体操などを念入りに行うようです。

その中でも特に、プロのマラソン選手であっても
「前日」の行動にはかなり神経を使うようです。

前日の過ごし方によって、
翌日のコンディションが決まるといっても過言ではないようです。

今回は、マラソンの前日における失敗をしないトレーニング方法について、
ご紹介をしていきたいと思います。

その中でも特に、
マッサージの方法やサウナでの入浴について、
見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



マラソンの前日にマッサージはしても大丈夫?

マラソンを走るときは、定期的に走り込みをして、
完走出来る体力をつけていきますよね。

もちろん、マラソン疾走の前日にも、
それなりの走り、筋肉のメンテナンスを行うかと思います。

そのとき、よく行うメンテナンスのひとつとして、
マッサージがありますね。

このマッサージですが、結論から言いますと、
マラソン前日のマッサージはあまり良くないようです。

前日だから、身体に残った疲労を出来る限り取り除いて
完璧なコンディションで走りたいものですが、
なぜマッサージはあまりオススメできないのでしょうか。

理由としては、疲労回復を目的としたマッサージを受けると、
身体に力が入りにくくなってしまい、
良い筋肉の動きが出来なくなるためです。

筋肉というものは、ゆるみきった状態では
いいパフォーマンスが発揮できないのです。

若干の筋肉に張りや緊張感という負担があった方が、
バネとしての筋力を発揮しやすいようにできています。

よく筋肉は「ゴム」に例えられますが、
伸びきったゴムはゆるゆるで何もできませんよね?

筋肉にも同様のことが言えるのです。

マッサージ自体は、効果はゼロではないものの、
「ほぐれすぎる」がっつりとしたマッサージは、
逆効果を生んでしまうのです。

筋肉は、若干の疲労感を感じていた方が、
程よくほぐれているので、
むしろこの状態の方がベストなコンディションに近いようなのです。

マラソンの前日にサウナに入っても大丈夫?

マラソンの遠征など、疲れた身体を癒す方法として、
サウナに入るときもあるかと思います。

温かい環境に居ると、血行が良くなり、
疲労が回復するのでマラソンにとって
よい身体の状態を作れると考えてしまうでしょう。

サウナに入ること自体は、悪いことではないのですが、
疲れを完全に身体から抜き取ってしまうことが、
身体にとって良くない行動なのです。

先ほどの、マッサージと同じように、
適度な筋肉の緊張感が必要なのです。

逆に長湯や半身浴など、
汗をかくことによって身体は疲労が溜まることがあります。

疲労と取るために、入浴を行っても、
逆に疲労が溜まりすぎてしまうという
逆効果を生んでしまう場合もありますので、
入浴する際には、「適度」を保つことが必要です。

サウナと同様に温泉や
お風呂の「長湯」も逆効果を生むようなので、
入浴する際には、注意が必要になるでしょう。

まとめ

マラソンの前日における、
マッサージやサウナへの入浴など身体のメンテナンスについて、
解説をしてきましたが、参考になりましたでしょうか。

マラソンの前日は、大事な筋肉に程よく緊張という
疲労感・ストレスを残すのが良いのが分かりましたね。

万全なコンディションでマラソンを走るために、
是非今回ご紹介したポイントを押さえて、
マラソンの前日に取り入れてみてくださいね。

難しいポイントではないので、
すぐに取り入れることが出来るかと思います。

素敵なマラソンライフを送りましょう!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す