ストレスで胃腸炎になったらどんな症状が出る?熱や下痢になった時の対処法


ある日突然お腹が張ってきたり、急にお腹が痛みだしたり、
胃が突如悲鳴を上げたりしたことはないでしょう?

これらの症状は、もしかしたらストレスからくる胃腸炎の症状の一つかもしれません。

突然痛みが来てしまうと、何も対処できなくなってしまったり、
痛みにもがき苦しむだけになってしまいます。

そんな万が一のためにも、今回は胃腸炎の中でも、
特にストレスからくる胃腸炎に関するその症状の詳細や
対処方法についてご説明をしていきたいと思います。

スポンサードリンク



ストレスで胃腸炎になり熱が出た時の対処法

まず胃腸炎というものは、
ストレス起因のものとウイルス起因のもののふたつあります。

ウイルスからくる感染性胃腸炎は、
その名の通りノロウイルスやロタウイルス、
病原性大腸菌やサルモネラ菌などのウイルスが体内に侵入し、
胃や腸を刺激し、痛みを引き起こすものです。

ストレス性胃腸炎は、胃や調などに激しい痛みを感じるものの、
体内を検査しても特に異常が見られないのが特徴です。

ストレスが原因で起きる胃腸炎の症状としては、
胃や腸の痛みももちろんのこと、
熱や吐き気、膨張感、便秘、下痢などの症状が発症するようです。

発熱が起きているときは、身体の自律神経が乱れ、
血管を刺激されている状態で痛みを感じています。

ストレス性胃腸炎での熱の対処方法としてオススメ出来るのは、
動脈を冷やすこと、水分補給をこまめに摂取することです。

基本的に、解熱剤を使うことはあまりないようですが、
あまりにも症状がひどいときには、
お医者さんに相談をしてみても良いでしょう。

よく風邪の症状と勘違いする方もいるようですが
ストレスからくる胃腸炎は風邪ではないので、
市販薬を服用しても効果は期待出来ないようです。

発熱をしているときには、
動脈を保冷剤や冷やしたタオルで冷やし、
安静にするのが良いでしょう。

ストレスで胃腸炎になり下痢になった時の対処法

ストレス性胃腸炎で,下痢に悩まされているときには、
脱水症状に気をつける必要があります。

特に水分や塩分が止めどなく対外へ放出されるので、
水分補給をこまめにいつもよりまめに行っていきましょう。

ここでオススメなのは、常温の水やお茶、
スポーツドリンクやミネラルウォーターなどが良いようです。

水分以外にも果物や野菜スープなどで水分も補給し、
同時に栄養も補給しましょう。

下痢の症状を感じているときは、
刺激がある食べ物を食物繊維が多いもの、
脂質が多いものは避けましょう。

胃や腸に負担がかかりますので、
消化がよく胃や調に負担のかからないおかゆやうどん、
擂り下ろした果実、ヨーグルトなどを食べるようにしましょう。

そして、食材は小さくカットしておくことで、
消化がしやすくなります。

さらに、食べる回数を分けて1日5回などで
こまめに食べることで胃や腸に負担が少なく、下痢を緩和出来ます。

また、漢方薬も下痢の症状を和らげる効果があるようです。

黄蓮、半夏、人参、黄芩や生姜、甘草、大棗が
含有されている漢方が特に胃腸炎に効くようなので、
もし常備する余裕がある時は、
自分の体質に合うものを処方してもらいましょう。

まとめ

ストレスで起きる胃腸炎について、そ
の症状や対処方法について詳しくご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか。

ストレスで胃腸炎が起きているときには、
体調が万全な状態ではないので、
対処法としてできることは限られているとは思います。

そのときは、決して無理をせずにできる範囲内で対策を行っていきましょう。

そして、ストレスからくる胃腸炎はウイルスが原因ではないので、
完全に症状を解消するためには
原因となっているストレスを撲滅する必要があります。

自分一人で悩まず、お医者さんなどの力を借りて、
ストレスの根源を絶やし、
胃腸炎の痛みから解放されるようにしていくことが大切かもしれません。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す