扁桃腺が腫れて風邪をひいたらどんな症状が出る?人にうつる?治し方は?


寒い日や汗をかいた後など、
季節問わず一年中ひいてしまうのは「風邪」ですよね。

風邪をこじらせてしまうひとが多い風邪ですので、
身近な病気として知られています。

風邪の症状は人それぞれで、その症状の重さも人それぞれでしょう。

一日寝るだけで治る方もいれば、
病院に行って点滴を打つ必要のある人も居るでしょう。

今回はその風邪の中でも、
扁桃腺が弱い方やよく腫れてしまうひとが
風邪をひいてしまったひとにスポットを当てて、
その症状の詳細や効果的な治し方などについて、
詳しく解説をしていきたいと思います。

スポンサードリンク



扁桃腺炎がひどい風邪はうつる?

まず、扁桃腺とはからだのどこを指しているのでしょうか。

扁桃腺とは、舌の付け根の両側にあるこぶのようなかたちのものを指しています。

この扁桃腺は、口から身体の中に侵入してくるウイルスや菌類、
などから身体を守る免疫を司る役割を担っています。

ただ、風邪などのウイルスだけではなく、疲れやストレス、
季節や気温、喉の乾燥などもあるようですので、その原因は多岐に渡ります。

そして扁桃腺炎というのは、この扁桃腺に菌が入り込み、
溜まって増殖をすることで、炎症を起こしてしまう症状のことを言います。

そしてこの扁桃腺炎での風邪は、ひとにうつることはあるのでしょうか。

ズバリ、基本的にはひとにうつることはないと考えられているようです。

よく同じ飲み物を飲んだり、
同じ室内にいたりすると感染すると思っているひともいるようですが、
基本的にはその感染の可能性は低いようですが、
完全に感染しないというものでもないので、その点には気をつけましょう。

また、免疫力が低下しているときや体調が万全でないときには、
扁桃腺炎は移らないとしても、
風邪がうつるリスクは高まりますので、注意が必要のようです。

扁桃腺炎の風邪に効果的な治し方

扁桃腺炎が起きている時の風邪が
他のひとにうつるリスクが高くないことについて、ご説明をしてきました。

では、もし扁桃腺炎での風邪をひいてしまったときは、
どのような対処が必要か、
その効果的な治し方についてご紹介をしていきたいと思います。

効果的と考えられている治し方は、いつかあるようです。

まず一つ目としては、安静を保つことです。

扁桃腺炎で風邪をひいてしまっているときは、
体内にウイルスが入り込み、感染し、
身体の免疫細胞が有害物質と戦っている状態です。

安静に過ごすことによって、免疫機能の働きが万全となり、
回復を促進することができます。

二つ目としては、喉を乾燥させないことです。

扁桃腺がある喉は乾燥していると
欣哉ウイルスなどの侵入物が身体に侵入しやすくなります。

マスクを装着したり、こまめに水分を摂取したり、
風邪によく効くショウガやはちみつ入りの飲み物などを飲むのが良いようです。

喉を温めることも効果的なようなので、
タオルやマフラーやカイロを巻くのも良いようです。

三つ目としては、抗生物質を使用することです。

抗生物質は、体内で直接細菌やウイルスを攻撃する働きがあります。

抗生物質は、ときには副作用が出るものがありますので、
病院で必ず処方してもらいましょう。

四つ目としては、身体の免疫力を上げることです。

扁桃腺炎や風邪の症状を起きているときには、
身体の免疫力が落ちていることが多いです。

安静を保ち、免疫力を上げる食事を行い、生活のリズムを整えましょう。

また生活以外にもストレスが原因となる場合もありますので、
ストレス解消も同時に行うのが良いでしょう。

まとめ

今回は扁桃腺が晴れて風邪をひいてしまったかたの症状や感染、
効果的な治し方について解説をしてきましたが、参考になりましたでしょうか。

いずれの場合も、身体を安静にするのが良いようですので、
もし「風邪をひいたかな?」と少しでも感じたときには、
決して無理をせずに身体を休めるようにしていきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す