しもやけでかゆい時に効く薬はどれ?理由や対処法をご紹介


気温が低い日や寒い時期に、よく手の先や足の先が妙にかゆくなったり、
あかくなっていたりすることはありませんか?

それは、「しもやけ」と呼ばれる症状かもしれません。

今回は、誰でも発症しやすい言われる「しもやけ」の原因や
しもやけが起きたときの対処方法について、
ご紹介をしていきたいと思います。

原因と対処方法がきちんと分かれば、
対処は充分に可能なものになりますので、
諦めずにぜひ取り組んでみましょう。

スポンサードリンク



しもやけがかゆい理由とは?

まず、しもやけの原因から解説をしていきましょう。

しもやけとは、霜焼け、霜腫れ、
雪焼けとも言われるように冬を代表する季節病としても知られる症状です。

血液が流れにくい箇所がよく症状が現れるようで、
手足の先以外にも、耳たぶや鼻の先でも、
しもやけが起きることが多いようです。

ズバリそのしもやけの原因は、「寒さ」と「温かさ」にあるようです。

身体が外気の寒さを感じると、脳の視床下部にその寒いという情報が伝わり、
血管を乳めて、血液をあまり流さないようにし、
熱を身体から放出するのを防ごうとします。

そうなると、身体の表面(皮膚)でも、温度を低く保とうとします。

逆に身体が温かさを感じると血管を広げ、血液を多く流し、
身体の表面では温度を上げて、身体を冷まそうと熱を放出します。

しかし、しもやけがおきてしまうとき、
この「寒さ」と「温かさ」が繰り返され、
血管が縮んだり広がったりすることが何度も繰り返され、
身体の血行の流れのコントロールがうまくいかなくなることで起きるのです。

しもやけの原因が分かったところで、理由についてご説明しましょう。

なぜかゆくなってしまうのかというと、
先ほどお話をした血行不良により、皮膚の表面に刺激が伝わるためです。

寒さを感じると血管が縮みますが、温かさを感じると血管は広がります。

このとき、延焼している血管が急激に広がることで、
そのときの刺激がかゆみとなって皮膚の表面に現れるのです。

しもやけがよく起きやすいのは、寒暖差のある環境と言われています。

汗をかいた後やお皿洗いなどの水仕事の後、お風呂上がりなど、
寒さと温かさを何度も感じやすい環境にいるときは注意が必要です。

しもやけがかゆい時の対処法!

しもやけが起きる原因やメカニズムが分かったところで、
次は対処方法を見ていきましょう。

まず対処法として効果があると言われているのは、
市販薬などの薬ですよね。

おすすめの薬としては、
アラントインやパンテノールが含まれているものです。

またビタミンが含まれているものもおすすめです。

アラントインはやパンテノールには、壊れた皮膚組織に直接働きかけ、
修復を促す働きがあるとされています。

また、ビタミンには、
しもやけで固くなってしまった皮膚を柔らかくする効果が期待出来るとされています。

逆に、「尿素」が含まれている薬はおすすめできません。

理由としては、ぱっくり割れたしもやけによるヒビやあかぎれに対しては、
尿素がその幹部に染みることで傷口が悪化してしまう可能性があるためです。

もし、尿素入りの薬を使用する際は、
完全に皮膚がカチカチで固い状態のときが望ましいでしょう。

薬を使用する意外にも、しもやけの対処方法はいくつかあります。

例えば。適度にしもやけが起きやすい箇所をマッサージし、
血行を促したり、お風呂の湯船にゆっくりと浸かり身体の芯まで温まり、
その後身体を冷やさないようにすることなどがあります。

他にも、冷えに効くツボを抑え、身体の内側から血液の流れをよくしたり、
漢方薬を服用したり、足湯なども効果的のようです。

さらに、靴下を履く、汗をかいたらすぐ拭く、
身体が濡れた状態でいないようにする、
という簡単な取り組みだけでも充分に対処可能なようなので、
ご自分に合った対処方法で、しもやけと戦っていきましょう。

まとめ

今回は、季節の症状とも言える「しもやけ」について、
その症状が起きる理由や起きてしまったときの対処方法をご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか。

しもやけは、放っておくと痛みや赤みが悪化する可能性もありますので、
「しもやけかも?」と少しでも感じたときは、
今回ご紹介した対処方法を是非取り入れて、
しもやけに悩まされない生活を送ってくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す