あかぎれや手湿疹や手荒れになった時の対処法!予防する手洗い法


冬の寒い季節になるとあかぎれや
手湿疹に悩まされ方もおおくいらっしゃるのではないのでしょうか!!

手の痒みや湿疹、手荒れで悩まされてはいませんか?

美容師さんやお水を使うお仕事の人主婦に多く見られる手湿疹!!

手湿疹とは主に水仕事が原因でなります。

皮膚を守ろうとするバリアの役割の皮脂が
水仕事などで失われてしまいバリア機能が弱くなり起こります。

初めは乾燥から症状がはじまりますが
段々と刺激に敏感になり乾燥が重症となると湿疹やかぶれになります。

スポンサードリンク



あかぎれと手荒れになった時の対処法

手があかぎれや手荒れになってしまうと痛くて本当辛いですよね….

冬と代表的な症状の一つではないでしょうか!!

多くの方が手荒れで悩まされています。
では、対処方法はあるのでしょうか?

あかぎれや手荒れは気温が低く
手の血行が悪くなることから手に栄養が届きにくくなることが原因です。

予防方法

① ハンドクリームなどによる保湿を心がける
あかぎれや手荒れを予防するには保湿が重要になります。

水仕事の後や乾燥が気になる場合ハンドクリームで保湿をしましょう。

ハンドクリームクリームみビタミンEが含まれているものが良いでしょう。

ビタミンEは血行を改善する効果があります。

② 体の中から改善する
『えっ!!!体の中から改善!』と
思う方もいるかと思いますがなんと食べ物で改善対処ができます。

先ほども書きましたがビタミンEには血行を促進する作用があります。

食べ物にもビタミンEを含む食材を食べる事で改善できます。

◆イワシ
◆たらこ
◆ かぼちゃ
◆ だいこん
◆赤ピーマン
◆アーモンド

まだまだありますがこのような食材にビタミンEは含まれています。

ビタミンEが含まれている食材を使って体の中から改善できます。

あかぎれにならないための手洗い法

あかぎれは水仕事が1番の敵です!!!

あかぎれを予防するためには冷たい水を避け
33〜35度のぬるま湯で水仕事をやると
あかぎれになりにくいと言われております。

なので手を洗う場合も33〜35度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

ハンドソープなどはなるべく刺激の少ないものにし洗い過ぎには注意しましょう。

皿洗いなど水仕事をするときも注意が必要です。

冬場の水仕事をする場合は
ゴム手袋をつけるなどをして予防しましょう。

ただし、ゴムにアレルギーがある場合は
直接付けるのではなく先に木綿の手袋をはめるなどをしアレルギーを防ぎましょう。

あかぎれや手湿疹の改善方法や治療方法

あかぎれや手湿疹がなってしまった場合は
ひどくなる前に治療が必要です。

市販の薬やハンドクリームなどで症状が改善されない場合は
薬局の薬剤師や皮膚科の専門家にいちど相談をしましょう。

通常ドラックストアで売られている物で以下の成分が入っているものがオススメです。

ワセリン
水分の蒸発を防いでくれます

バンテノール
皮膚組織の修復をサポートしてくれます。

グリセリン
保湿作用をしてくれます乾燥を抑える効果があります。

トコフェロール
血行を促進してくれる為回復の向上をしてくれます。

皮膚科などで処方されるお薬はステロイドが一般的です。

副作用が気になる方は保湿剤として
ワセリンや尿素などが使われてたり血行促進にはビタミンEは処方されます。

まとめ

冬に多い手荒れやあかびれひどくなる前に予防や対策が重要です。

いちどなってしまうとなかなか治らず
見た目も痛々しく見た目もよくありません。

症状がひどくなると痛みも伴いますので
しっかりと保湿を心がけましょう。

必ず市販のハンドクリームや薬を使っても
改善の兆しが見られない場合や
症状が悪化した場合は早めに医師を受診ししっかり治療しましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す