低気圧による頭痛の漢方での対策法


雨や台風によって低気圧となり、

それによって頭痛が出る人が結構います。

 

 

人によっては天気予報よりも

雨が降るのがわかってしまう人もいるほどで、

天気予報いらずとからかわれたりすることもありますが、

やはり頭痛は無いに越したことはありません。

 

 

頭痛に関してはいろいろ対策法がありますが、

今回は頭痛に聞く漢方について解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

 

漢方といっても数多くのものがありますので、

症状別にオススメの漢方を紹介していきます。

 

 

低気圧になると湿気が多くなり余分な水分が体に入り、

それによって頭痛が起きる場合は、

胃腸を丈夫にする漢方がオススメです。

 

胃腸を丈夫にしておくと体に入った余分な水分を

排出する力が強くなり、

頭痛を軽減させる効果が見込めます。

 

 

普段から首から肩がこっており

体調が変化しやすい低気圧になると首、肩こりがさらに悪化し、

それによって頭痛がする場合は、

葛根湯(かっこんとう)という漢方が効きます。

 

 

葛根湯(かっこんとう)は、

首や肩こりに効果があるので、

首・肩こりからくる頭痛にはこの漢方が適しています。

 

 

 

普段ストレスが多くて、

低気圧になると頭痛が起きてしまう場合は、

呉茱萸湯(ゴシュウトウ)という漢方がいいです。

 

 

ストレスが多くなると、

体に力が入り血流が悪くなり、

体が冷えやすくなります。

 

 

この場合、呉茱萸湯(ゴシュウトウ)を飲むことによって

血流をよくし体の老廃物を流しながら

体温を高めると頭痛の症状が軽くなります。

 

 

 

薬と漢方の違い。

 

簡単に説明すると

薬は症状をピンポイントに抑えることができ、

漢方全身の状態をよくする効果があります。

 

 

これを聞くとのほうが

頭痛という一つの症状を抑えるのにいいのではないかと思うかと思いますが、

薬の場合副作用が出ることが多いです。

 

それと違い漢方

全体的な体の治癒力を高めるためのものなので、

副作用は少なくすみます。

 

 

なので、普段から飲むものは漢方をオススメします。

 

いくら痛みがあるからといって薬ばかり飲んでいても

もともと痛みの原因となるものは改善されません。

 

時間はかかりますが、

漢方で体調管理をしておくと

痛みの出にくい体質になりますので、

漢方をオススメします。

 

 

ただ、まずは専門医に自分の症状を見てもらい

漢方を処方してもらうようにしましょう。

 

自己判断で漢方を選んだ場合、

半年飲み続けても全く効果が出ないなんてことはよくあります。

 

 

漢方で頭痛を対策するなら、

ちゃんと効果がある漢方を飲んで、

低気圧になったとしても頭痛がこない体質にしていきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す