扁桃腺が大きいのと口臭の関係は?風邪や咳が出やすい?


風邪をひいたときになどに腫れる扁桃腺は、
炎症を起こしているときは痛みがあり、辛いものですよね。

扁桃腺とは、舌の付け根の両サイドにあるこぶのようなもののことです。

この扁桃腺の役割としては、口から身体の中に侵入してくるウイルスや菌類、
などから身体を守る免疫を司る役割を担っています。

ただ、風邪などのウイルスだけではなく、疲れやストレス、
季節や気温、喉の乾燥などによっても炎症を起こすことがあります。

そんな身体の侵入物を知らせてくれる扁桃腺ですが、
よく口臭との関係があると言われています。

扁桃腺と口臭の因果関係とは何になるのでしょうか。

また、扁桃腺の大きさは風邪や咳などに影響を及ぼすものなのでしょうか。

今回は、扁桃腺にまつわる口臭や病気との関係について詳しく解説をしていきたいと思います。

スポンサードリンク



扁桃腺が大きいと風邪をひきやすい?

まず、扁桃腺と風邪の関係から見ていきましょう。

先ほどお話をしたように扁桃腺は
細菌の侵入を完治してくれる免疫の働きをしてくれています。

扁桃腺には、細菌の侵入口にあるため、
陰窩(いんか)と呼ばれる表面にたくさんの穴が空いているのです。

扁桃腺の表面積を大きくして、細菌と戦う効率を高めているという訳なのです。

そのため、扁桃腺は細菌が入りやすく、
細菌の巣にもなりやすいのです。

本来であれば、感染や有害物質の侵入を防ぐ扁桃腺ですが、
表面の特徴から逆に細菌の感染原因になってしまうこともあります。

この場合、風邪などのウイルスをキャッチした扁桃腺が、
風邪の原因を引き起こしてしまうのです。

また、扁桃腺は、疲れがたまっていたり、
ストレスを感じていたり、体力や免疫力が落ちているときには、
その本来の力を充分に発揮出来ずに、
病原菌の巣になってしまうこともあります。

もし体力が落ちていたり、疲れが溜まっていたりすると
からだの免疫力も同時に落ちてしまいますので、
病原菌や雑菌などに扁桃腺が勝つことが難しくなります。

喉の免疫力が落ちることによって、
風邪のウイルスを身体に入れてしまいやすくなり、
風邪を引きやすくなってしまうということです。

つまり扁桃腺が大きいかたは、扁桃腺が小さい方よりも、
細菌に触れる表面積が広く、
免疫力が低下したときや体調が万全でないときに影響を受けやすく
敏感な体質になっているため、
風邪をひきやすい状態になっていると言われています。

口臭が起きる原因は、
細菌の死骸が陰窩(いんか)に溜まることで発生しています。

この陰窩に溜まった細菌やリンパ球などの死骸が固まり、
膿栓と呼ばれる個体となり、悪臭の原因となるのです。

そしてさらに恐ろしいことに、この膿栓は細菌や免疫物質の塊であり、
膿栓にまた細菌が集まって活動することによって、
口臭のガスを作るという負のスパイラルに陥るのです。

扁桃腺が大きいと咳が出やすい?

扁桃腺の風邪や口臭の関係性について見てきましたが、
次は扁桃腺と咳について見ていきましょう。

咳は、からだに侵入した有害物質を外に出そうとする生体反応です。

扁桃腺が大きいひとは、扁桃腺の悪化によって、
気道が狭くなってしまう傾向があるようです。

このため、扁桃腺が小さいひとよりは、呼吸がしずらく、
息苦しくなることで咳が出やすくなると考えられています。

扁桃腺の腫れを放っておくと、いびきや摂食障害、
呼吸困難、そして睡眠時無呼吸症候群に至るケースもあるようですので、
咳と言っても決して見逃してはいけない身体のサインです。

まとめ

今回は、扁桃腺にまつわる口臭や病気との関係について
詳しく解説をしてきましたが、参考になりましたでしょうか。

扁桃腺は、有害物質を完治する重要な免疫機能です。

もし何か喉に違和感を感じたり、自身の口臭が気になったときは、
風邪や咳を疑ってみて、病院でお医者さんの適切な診察を受けるようにしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す